705: おさかなくわえた名無しさん ID:Ic79dhVZ
上司&同僚数人と、上司がよく行く静かなバーに連れて行ってもらった時。 
落ち着いた雰囲気&無口だが決して無愛想ではないマスタさんが絶妙な相槌とコメントをてくれる。 
あぁいつか私もこんなバーに一人で飲みに来たいもんだという「大人~」な感じネ。 
その日の私は、普通に立ってるとワカランが、歩いたり座ったりすると太ももがチラッと覗く巻きスカート。 
う~んセクスィ♪と密かに自画自賛だったんだがこのスカートが仇となった。 
トイレに行こうと高めのスツールから降りた瞬間、ウエストのホックが外れて 



バサッ!とスカートが脱げて床に落ちた。それはそれは見事な脱ぎっぷりですたヨ。
酔いが一瞬で覚めたが酔ったフリしていたいイヤいっそ死にたいどっか行きたいドラエモーン! 
固まる上司&男性同僚&甲斐甲斐しくフォローしてくれる女性同僚。
そしてどこまでも優しく生暖かく冷静なマスタさん。

後日、同僚に「鉄腕アトムみたいだった」と言われて更に鬱・・・
パンストの上にガードル装着&黒ブーツという姿は、女性なら想像しやすいでしょう。

706: おさかなくわえた名無しさん ID:WNxA8kAz
アトムワラタ

707: おさかなくわえた名無しさん ID:+PPK+8VO
当方男性なので、尻からマシンガン出てくる姿が想像つかん。。。



引用元: ・★★恥ずかしくて死ぬかと思った体験 12度目★★



このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2014年09月01日 15:19 ID:okusamakijyo