272: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/12/21(水) 16:20:21.57
昔、主人が癌の摘出手術をした時の事。
まだ麻酔が切れる途中で朦朧としている枕元で
「末期なんでしょ!?死ぬんでしょ!?」と喚き散らしたトメ。(ここ大部屋)
それから家が汚いから癌になった!嫁子のせい!!とさらに喚く。
何も言い返せずに涙目の私。
さらに色々喚いて「帰る!!」と病室を出て行った。

あれから10年。トメとは一切連絡を取っていない。
主人はピンピンしております。



275: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/12/21(水) 16:51:24.51
>>272
聞いていた大部屋の他の人は「トメ、馬鹿…」と心の中で
つぶやいていたと思う。
ただ、自分の息子がガン手術受けたのって、母親としては
相当ショックだったと思うし、年齢的にもしかして更年期の可能性もあるから
ちょっと同情すべき点も。
まあどういう人間か知らないけどさ。

276: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/12/21(水) 17:02:55.92
同部屋の人達には落ち着いてから謝ったよ。
・・・主人よりもっと重篤な人達ばっかりだったから余計辛かった。
更年期かどうかはわからんなあ。いっつも喚くように話す人だったし。

278: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/12/21(水) 18:38:30.82
>>272
うちのトメが、ウトの臨終間際にそれをやった。
医者に言われて次々と親戚が病室に集まる中、来る人来る人に病状を大声で説明。
「本当は末期で助からないけど、とうさんには初期ガンって言ってたの!」
みたいな感じで、可哀相な妻を演じるあまり、ウトがまだ死んでいないって事に
考えが及ばなかったらしい。
4番目くらいに駆けつけたウト妹(介護職)が
「お義姉さん!まだ死んでないんだから(意識は無いけど)聞こえてるよ!」
って嗜めて、やっと我に返ったが、その直後にウト死亡。
親戚からは、トメのデリカシーの無さがウトを殺したと言われている。

そんなトメなので、私達夫婦は関わるのを避けている。
大トメ(トメの母親で、実質夫を育てた人)の飼っていた犬を、私達夫婦が時々
世話してたんだけど、大トメが亡くなる寸前に、犬をどうするか聞いて来て、
出来れば私達が引き取りたいって言ったら
「あ~、よかった。(犬を)捨てる手間が省けたわ。」
この一言で絶縁を決意した。
この頃はまだウトも生きてて、コトメ夫婦も近くに居たので、思い通りにならない
息子夫婦の絶縁なんて、痛くも痒くもなかったみたいだけど、ウトが亡くなり、
コトメ一家がトメの干渉に耐えきれずに遠くへ転勤。
やっと息子の存在に気付いたみたいで、今年初めて帰省の予定を聞かれたが、夫は
「帰省?ばあちゃん家はもう無いから帰省先は無いよ。」
と冷たく対応してた。

279: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/12/21(水) 19:58:00.02
ワンコ、ラッキーだったなw
今でも元気?

トメが早く氏にますようにw

285: 278 投稿日:2011/12/22(木) 08:59:53.41
昨日も電話かかって来た。まだ諦めてないみたい。
「あなた嫁なんだから、息子を説得しなさい」って言われて「私も嫌なんです」
ってはっきり断ったのにスルーされた。
トメのスルースキルを見習いたいわ。

>>279
呪いありがとう。
大トメ大好きな犬なので、しばらくは大変でしたよ。
トメが大トメの家を建て替える迄は、散歩の途中に大トメ家に上がっては、
家中を探してました(気の済むまで探させてた)
家が壊され、更地になり、新しい家が建ってやっと諦めたみたい。
うちに来て10年近く経つので、もうかなりの歳のはず(保護犬なので年齢は解らない)
補助が要りますが元気に散歩しています。
大トメに会えると思ったら死んでも幸せな犬だと思います。私達は寂しいけど。

286: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/12/22(木) 09:03:41.60
スルースキルか。
それおかしくない? 矛盾してない? と周囲の突っ込みには返事せず
ただただ自分の言い分ばかりまくし立てるやつか。

287: 278 投稿日:2011/12/22(木) 09:12:29.06
>>286
全くその通りです。
話し合いも説得も出来ない人なので、自分を守るにはトメと関わらないように
するしか無いんですね。
トメには今朝「もう電話は受けませんので諦めて下さい」って言って一方的に
切ったけど、またしれっと何事もなかったように電話してくると思う。
家の電話機を着信拒否できるものに変える予定です。

引用元: 義母のムカツク一言(`A´) 五十五言目







このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2014年09月15日 16:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事