91: おデブ 2010/07/05(月) 13:11:28 ID:2lzh7SwmO
頭が悪くて気が弱い
運動もできない。鼓膜が傾いていたらしく(今は完治)
人の声が聞こえない時があり
それが人を無視する奴と
誤解されていた。決定的なのは、母親に逆さまに習字の筆
のように逆さまに髪の毛を
お風呂につけられてから、風呂嫌いで、マジ不潔な奴だった
ということで、かなりのいじめられっ子(ま、仕方ないな笑)
な小学生だった。ま 今みたいな陰湿ないじめじゃなく
結構能天気だったからか
自殺は考えた事なかったけど。
そんなある夜、夢を見た。



92: おデブ 2010/07/05(月) 13:16:52 ID:2lzh7SwmO
なんか池みたいなところで、
黒い魚(鯉?)を無心につかんでいた俺
すると、奈良のお土産屋で
売っているような仏様のお面
のような顔の人が「こら~!」と それこそ、雷が落ちたような大声で
俺に向かって叫んだ
もう心臓がドキドキ
目が覚めて、夢だとわかり
ほっとしたけど、その日から
なんか変な現象に悩まされるようになった

93: おデブ 2010/07/05(月) 13:25:54 ID:2lzh7SwmO
うちは 当時古い平屋建ての家
それなのに、毎晩のように
階段でカツカツと、人が歩いている音がしてくる
しばらくして、その音がなくなったと思ったら、次は晴れた日になぜか ぽつりぽつりと
雨がたらいにでもおちた時の
ような音がしてきた
夜寝る時なので、寝て朝になると音は聞こえなくなっては
いたから 精神的にまいるまで追い込まれる事もなかったんだけど。
そこで、お馬鹿な俺はなぜか
夜トイレに行くのがたまらなく怖かったせいか、お経代わりに九九(お馬鹿だから小3くらいで完全に言えてなかったかな笑)をつぶやきだした
飛躍的に 九九が上達した
とりあえず、算数は人並みに
できるようになり 勉強面では
あからさまにいじめられなくなった(と思う笑)

94: おデブ 2010/07/05(月) 13:37:40 ID:2lzh7SwmO
それでも、相性最悪な奴からのロックオンは
なかなか 外してもらえず
とうとうたまらなくなって
母親にその思いを泣きながら
訴えた
母親はただ「悪い子おるんやね~」の一言で
終わった、でもそのあとくらいから いつも
母親が戦争で失った優しい母親のお兄さんの
話をしてくれるようになった
夏休みになり、母親の実家に里帰りした
母親の実家にいつも話をしてくれたお兄さんの写真があった
軍服姿だった。優しそうに笑っておられた
それから、以前から悩まされた雨音がぴたりと聞こえなくなった
夜ぐっすりねれるようになった。親父の仕事が安定して
新しいお風呂になった(それまでは、薪で焚く離れにお風呂があった)
家の中にお風呂ができ
ガス焚きなので毎日お風呂に入るようになり
不潔でいじめられなくなった(笑)

95: おデブ 2010/07/05(月) 13:46:49 ID:2lzh7SwmO
いじめられる原因がへり
俺をいじめる奴も数えられるくらいに減った
親父の仕事を夏休みに手伝い
腕力がつき、少し自信がついた。ある日
ガキ大将の金魚のふんに
いきなり からまれた
多分 いじめられる回数が減った俺に
危機感を持ったのだろう
俺はなぜか その時反撃してしまい そいつの前歯を折り
泣かしてしまった
当然 ガキ大将一派に囲まれ
ぼこぼこにされ ましになっていたいじめが
またひどくなってしまった
その夜からまた雨音と階段の音を、交互に
聞くようになった
心が病んだのか、ストレスが
極限までたまったのか
俺は下駄箱にあるいじめっ子の上履きを
便所に捨てるようになった

96: おデブ 2010/07/05(月) 13:51:59 ID:2lzh7SwmO
全部で五回くらい捨てた
そのたびに、学級会議が開かれ
犯人は誰ですか?と担任が
言っていたのを、震えながら聞いていた
ある日、自分が犯人だと
ばれるのがいやで 自分の上履きを便所に捨てた
クラスの疑いの目が 自分から
それたのが、わかった
その夜 またあの池が出てきた。直感で
魚は取らないでおこうと思った。なぜか そこには
笑っている母親のお兄さんが
軍服で立っていた
そこで目が覚めた

97: おデブ 2010/07/05(月) 13:58:22 ID:2lzh7SwmO
次の朝 鬼のような形相で
俺の姉に、ほっぺたを
ひっぱたかれた。姉「あんたやろ!便所に他人様の上履き捨てたんわ!」
ばれてたんだ
先生にも、母親にも。
母親は泣いていたようだったが、なんにも言わなかった
朝恐る恐る学校に行った
教師に放課後 他の生徒にわからないように
呼び出された
教師「なんで上履き捨てたん?」普段俺には、きつい女担任がなぜか優しく諭すように言ってきた。
俺は黙ったまんまだった
教師は「つらかったんやなぁあんたも」とだけ言った

98: おデブ 2010/07/05(月) 14:10:04 ID:2lzh7SwmO
なぜか いじめっ子のだれからも クラスの誰からも一切
上履きの件で、俺にものを言ってくる奴はいなかった
なぜか 俺へのいじめも
直接的な暴力は、目に見えるように減っていった
一年経過して、母親に夢の話をした
俺「あのな、お母ちゃんのお兄さんが俺の夢に軍服で、でてきてん」
母親「ほ~あんた生まれる前に亡くなってんのになぁ」
話はそれで終わった。
それからは、まったく夜に、
階段の音も雨音も 聞かなくなった
池が出てくる事もない
母親のお兄さんも 夢に出てくる事もない
霊現象じゃなく、ただたんに
ストレスからくる幻だったかもしれない。
でも もしまた俺が人道をはずすような事をしたら、
また夢に彼らは出てくるんかな?と
おっさんになった今でも
思う今日この頃です
長文駄文すみませんでした。

99: 本当にあった怖い名無し 2010/07/05(月) 14:37:48 ID:VkYxsAWO0
なんで朝、急に姉に
上履きを捨ててたことがバレたのかがわからない

102: 本当にあった怖い名無し 2010/07/06(火) 17:41:39 ID:7KPpdYIW0
>>91
乙。面白かったよ!
>>91がいろんなものを感じとって
自分なりに考えていじめを克服していった過程が興味深かった
そんでお経代わりに九九フイタw

引用元: ・◇ 心霊ちょっといい話 ver.16 ◇





このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2015年09月02日 23:19 ID:okusamakijyo