ダウンロード

948: 名無しさん@おーぷん 2016/06/21(火)19:02:49 ID:xuf
人付き合いとかの話じゃないけど生きてきて衝撃的だったこと
地元が山間の地域なんだけど
小学生の頃友人と一緒に探検ごっこと称して山の奥の方に入っていったことがある
木々をかき分けながら舗装とかもされていない道なき道を歩いていたら
突然銃声が鳴り響いて、どこからともなく犬の鳴き声が聞こえてきた
怖くて動けなくなり友人と一緒に周りを見回していたら銃持ったおじさんがやってきて
今熊が降りてきていて、熊狩りをしてるから早く山から出なさいって言われて二人で走って山を下り事なきを得た



特に立ち入り禁止とかの看板も無くだれでも入れるような山で熊狩りなんてやってるんだなっていうのと
一歩間違えたら熊に間違えられて撃たれたり、熊と遭遇していたかもしれないっていうのが当時衝撃的だった
さすがに熊と小学生を見間違えるってことはないと思うけど、それ以来探検ごっこでも道がちゃんとあるところまでにしようって二人で誓った

949: 名無しさん@おーぷん 2016/06/21(火)20:10:13 ID:CH3
熊狩りで思い出したのでカキコ。

今から30年くらい前の話。
地元は東北中核都市で近所に新興団地があってその裏手にある山に
バイクで林道を走っていた時の事。
団地もあるし、県民の森に指定されている所なので当然禁猟区なのだが
林道途中の少し広いスペースで休憩していた時、辺りを見回していたら
見慣れない小箱が落ちていた。
その小箱には「Remington」と書いてある・・・
マジマジと拾ってみるとゲージ12何たらと書いてあり、即座にショットガンの弾箱だと気づいた。
まさか、ここは禁猟区だし猟銃撃つバカはいないだろう~と勝手に思い込み
林道ツーリングを再開。
暫らく進んだ所でタイヤがパンクしたかのような音が数回。
自分のバイクがパンクしてないのはすぐ理解できた。
が、何の音なのか理解できない。
そのまま暫らく進むと人影が。
こんな所を歩いてるなんて珍しいなと思っていたら
その人は猟銃を持っていた・・・
そしてさっき見た空箱を思い出した。
禁猟区で猟銃ぶっ放すような奴だからこれはマズイとUターンして全開で山を下りた。
当時携帯電話など皆無だったので、自宅に帰ってから地元警察署に通報した。
その後の、その猟銃持ちの事はわからない。
今ではその林道も舗装されてしまったが、あそこまでどうやっていったのかが気になる・・・・

950: 名無しさん@おーぷん 2016/06/21(火)20:34:02 ID:FTi
あれは熊だったのかな?って出来事
当時大学生だった自分は友人と北海道で登山をしていた
下山中の小休止で座って休んでいて、さて出発と荷物を持った瞬間
笹薮の中で「ドサッ!ガサガサササササ」と大きな何かが落下して走り去るような物音が
友人と顔を見合わせ、顔を引き攣らせたままメチャクチャ足早に下山しましたとさ。

ドサッの音の感触からして小熊くらいの大きさか
熊じゃなければ人間としか思えない
登山道から外れた笹藪の中だし、熊じゃないなら山に潜伏してる人間?山姥?
とにかく衝撃だった

951: 名無しさん@おーぷん 2016/06/21(火)22:13:21 ID:ucG
>>950
北海道の山だと熊か鹿だね
自分は熊と遭遇した時よりススキノの居酒屋で初めてGと遭遇した時の方が衝撃的だった…

953: 名無しさん@おーぷん 2016/06/22(水)00:06:14 ID:kRD
>>951
さらっと書いてるけど
熊とも遭遇したことあるんだ??
それでGのが衝撃と言うことに衝撃だわ…

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その13







このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2016年06月23日 15:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事