airplane


122: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/21(火) 00:23:39.22 ID:ARxklkQH
飛行機で思い出した
うちの父親、飛行機嫌いなんだけど、その理由が
前世で飛行機の墜落事故に遭い、生涯を終えたからだそうだ
冗談だと思ってたが祖母曰く小さい頃から言ってるらしい



123: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/21(火) 00:37:23.00 ID:mwVrLSCp
>>122
お父様おいくつ?

124: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/21(火) 00:43:03.48 ID:ARxklkQH
今年54歳です
孫もいる

125: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/21(火) 00:46:38.72 ID:fsWp1dU6
54で孫か…
73で孫なしは親不孝なことをしてるな…

126: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/21(火) 00:48:32.65 ID:o8zCF3dw
54年前より前に旅客機のってるのってもしかしてセレブリティ?

127: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/21(火) 00:53:57.10 ID:ARxklkQH
父、セレブだったのかな?
飛行機の話以外は聞いてないんだ
母は全く信じてなくて、私も海外旅行行ってみたかったなーって
しょっちゅう言ってる

128: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/21(火) 01:35:05.69 ID:tCvnITUK
軍人だったってだけじゃないの

129: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/21(火) 03:58:06.99 ID:p1nlohnO
特攻隊の生まれ変わりだとかなんとか小さい頃に刷り込まれたんじゃないか

130: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/21(火) 04:33:27.56 ID:6YKuRFkL
飛行機の話なら、うちの妹(現在30)はまだ2才くらいの頃
飛行機の飛ぶ音がすると目と耳を変わったふさぎ方でふさいで
いつもタンスの横に「怖い」って隠れてた。
おばあちゃんがそれ見て「戦時中は焼夷弾が落ちてきて鼓膜がやられるから
そうやって耳と目をふさいだけど、誰がこんなこと教えたの?」
と言っていた。
そんなの家族の誰も教えてない。
ちょうど、火垂るの墓で清太が爆撃機が近づいたときにするような格好。
何かあるんだろうか?

138: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/21(火) 08:48:39.81 ID:cJf3rQL9
耳ふさいで隠れるとまではいかなかったけど
自分も真上に飛行機飛ばれると爆弾落とされそうな気がして怖かった子供時代
もちろん戦後の生まれだし地域的にも空襲を食らったことはないんだが

あのぐおんぐおんいうエンジン音がなにか不安を呼び起こすんだろうなあ
雷の音で隠れる猫みたいな感じ

134: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/21(火) 08:13:13.97 ID:vari9f3x
へーおもしろい
人間→人間で時間的にもけっこうすぐに転生するかもしれんのだなー

まあ本当のところは戦争関係のドキュメンタリーかなんかで強烈な印象体験したのだろうけど

135: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/21(火) 08:26:03.62 ID:cHP4tIc4
生まれ変わりの記憶(前世の記憶)を持って産まれてくる子は多いらしいよ
年齢とともに忘れていくみたいで、
二歳くらいだと1/3くらいの子が覚えてるらしい(ごめん、ちょっとあやふやだけど)
なんかそういう本を読んだことある

137: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/21(火) 08:36:35.07 ID:vari9f3x
えーでもさ
虫とか動物だった時の記憶はあんま聞かないじゃん?
すべての物質や生命はとめどなく循環してるんだから、前世の記憶が
人間だけってのもなあ。。。
つかそれだけ大人数が覚えてたら考古学的ななんかすごい発見とかに
つながらね?

139: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/21(火) 09:05:19.10 ID:4SFg9AEO
前世の記憶なのかどうかわからないけれど、私も幼稚園にもまだあがっていない
3−4才ごろに不思議な感覚はあった。
大きな額縁の中の油絵をみたときハッとなって固まってしまった。
それは田園風景で300〜400年前の光景で、けっして豊かではない
白人農夫の姿が描かれていた。それをみたとき、あーーっこれは自分だという
懐かしさがおきて、口をぽかんと開けたまましばらく呆然となった。
もし、前世とかがあるとしたら私は西洋の貧農の身だったのかな。

140: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/21(火) 09:11:13.29 ID:d/S6bNel
> 人間→人間で時間的にもけっこうすぐに転生するかもしれんのだなー


子供の頃に読んだオカルト系の本で、おじいさんが亡くなって、ほぼ同時刻に生まれた子供が
言葉をしゃべり始める頃になると、おじいさんの生き写しのように、幼児が知るはずもない
ことを話し始めたってのがあったっけ。
生きたいという気持ちがつよくて生まれ変わったのか、死ぬ寸前に退治に乗り移ったのか。
後者だったらとっても怖い話なんですけど。

141: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/21(火) 09:13:51.87 ID:vari9f3x
前世の記憶もあれだけど、臓器移植なんかを受けた人が
ドナーの嗜好や性格、記憶の一部的なものを受け継ぐような現象も
たまに見られるようで、これは不思議だ
もし本当だとしたら、脳以外の細胞も記憶してるとしか思えない
DNAの謎だな

142: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/21(火) 09:17:02.21 ID:vari9f3x
>>140
じゃあ胎児のときの人格はなんだったんだろうね
最近の例で言うと市川団十郎さんとか、そんな風に思ってそうだ
オーラの泉でも中村橋之助は前世も歌舞伎役者だったらしいし

144: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/21(火) 09:23:58.80 ID:X4aJf7hk
記憶転移は、細胞DNAが精神活動の記憶を保持しているというオカルトチックな説の他に、
大脳から独立して動く臓器が持つ神経線維が記憶の一部を保持しているという説がある。
情景の記憶のような高度な記憶は無理だと思うけど、食い物の好みがドナーの記憶を受け継ぐ
といった程度のことなら、あるいはできるんじゃないかなと個人的には思う

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 94度目




1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2021年09月20日 00:57 ID:okusamakijyo