104: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/01(火) 16:07:16.19 ID:+u1PIsjw
怒りと哀しみが多少なりともおさまってきたので、ここに書こうと思う。
8月に他界した父のこと。
癌で余命が長くないことは本人もわかっていたので、父は公証役場で遺言を取り、
利害のある親戚一堂を病室に呼び、遺言の謄本を配布した。
自分の資産が後に仲違いの火種になることを心配してのことだ。
内容は法定相続に近いもので、子供の自分から見ても妥当なものだったと思う。
しかしそれを見た父の兄の嫁の認識は違った。その日から毎日病室に押しかけ、
一日中父に「取り分が少なすぎる。遺言を書き直すべきだ。今なら間に合う」と
毎日枕元で訴え続けた。
「今なら間に合う」という言葉はあまりにも配慮のない言葉だと思ったし、父も
辟易していたので、やめてくれと頼んでも「我々も将来がかかっている。
不当なものは不当だ。あなたたちは遺産が減るから止めるのだ」と譲らない。
さらには「自分毎日は誰よりも長い間この病室にいる。あなたたちは思いやりがない」
など言い出す始末。
結局父は頑として遺言の書き直しを拒んだが、一番恐れていた血縁者の争いを
人生の最後に目の当たりにさせてしまい、本当に申し訳なかったと思っている。

ちなみに父の兄の嫁は告別式にも葬式にも出席しなかった。



105: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/01(火) 16:19:20.23 ID:Wg+3UYW6
父の兄の嫁

相続の権利なんて1mgも存在しないやん
そんな馬鹿は病室から追い出して出入り禁止にしちまえば良かったのに
叩きだすと言うかタコ殴りにしてやっても良いレベル

106: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/01(火) 16:25:10.30 ID:W4wPQcIT
>>104
うわぁ、おつでした。

> 「取り分が少なすぎる。遺言を書き直すべきだ。今なら間に合う」
どんだけの取り分をもくろんでたんだろうなぁ。

お父さんも、心を鬼にして法定相続人だけに絞ってればよかったのかな…。

107: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/01(火) 16:38:14.47 ID:IAsROhUl
>>104
え?子供がいるのに兄にも相続させようとしたの?
確かに間に合ううちに書き直させて子供達だけにすべきだったな。

108: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/01(火) 17:36:43.14 ID:+u1PIsjw
>>107
確かに今にして思えば内々だけで粛々と事を進めておいた方がよかったとも思うんですが
父には世話になった人に多少なりとも残したいという想いがあったし、私たち直系卑属も、
遺産が削られはしても、父が死を覚悟した上で決めたことについて何ら異論はありませんでした。
「お父さんらしい」で全て済んでいた。

というか相続云々よりも、私はただただ父にもっと長く生きていて欲しかったです。

引用元: ・(-д-)本当にあったずうずうしい話 第175話







このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2016年08月26日 20:19 ID:okusamakijyo

おすすめ記事