psychology-544405_1280

67: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 19:38:10.76 ID:RdVhERCX0.net

毒母の記憶改ざん能力がスゴすぎてキツい 
先日やむにやまれず会ったんだけど、話をしてると自分の性格が捻くれてて悪いような感じになってくる 
私の子供時代の記憶は嘘なのか、自分に子供時代はあったのか、自分がとても希薄になってしまった 
「思い出は主観にしか過ぎない」確かにそうだけど、母娘で180度違うって本当に気持ち悪い 

「違う!」と感情的に否定してくれればまだいいんだけど、「あなたそんなこと思ってたの?違うのに…… 
まあ……まあいいわ、昔の話はやめましょう(哀しげな笑顔でニッコリ)」 
まだ行き来してた頃、3~4年前は、記憶の改ざんや都合の悪いことの忘れっぷり(3~4ヶ月前のことでも、 
都合の悪いことはキレイさっぱり忘れる)に、少し本気で痴呆を疑ったくらいだったのをやっと思い出して、 
ほんの少しだけど安心できた 




その頃の私には妹がいて、妹も「お母さんの痴呆は私も疑う」と言っていたので、現実味を持てる
親が痴呆になって、自分との思い出を忘れてしまって悲しいって聞くことがあるけど、こんな感じかなって
ただ私の場合は、親子の思い出が消えて悲しいのではなく、私の小さい頃の思い出が総て嘘になってる
ことが何とも言えない衝撃だった
主人の他に10何年集まってる友人達がいるので、その友人達と共有できる思い出だけが自分の大切な
来歴になっている

記憶の改ざんは、死に向けて自分の人生を素晴らしかったものにしたい結果だろうってメンクリで言われた
けど、小さい頃から私のせい、空が青いのもポストが赤いのも私が悪いと言われ、やっと言い返せるように
なってもまた「私が悪い」で、きっとあの人の一生の中では全部私が悪いんだなあ
もう母娘仲良くしたいみたいな願望や「向き合って話し合えば認めてくれるかも、直してくれるかも」みたいな
期待は一切なくて、ただ私の人生にもう関わらないで欲しいだけの人だったけど、奴らの自己中っぷりには
ただただ脱帽、そして大きく落胆することばかり
本当に奴らは悪魔だと思う

79: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/04/13(月) 02:12:36.57 ID:FzFwjF0T0.net

老いると誰でも昔を美化したりするけど、
さんざん言いたい放題暴れ放題だった人間の忘却力・改竄力は凄いね。

81: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/04/13(月) 10:33:38.63 ID:tnHp9gsx0.net

すごくよくわかる。
昔はなんでこんなに嘘ついたりごまかしたりするんだろうって頭に来てたけど
ある時に私の経験を母親の過去の栄光として話し出したりした事があり
それで記憶の改ざんしているんだなっていうのが分かって
あの人の歴史って改ざんだらけだからあんな中身ぺらっぺらで年だけ取りました
って感じなんだなぁって思うようになった。
話に一つも重みがないのは、人って失敗も含めて経験して人生積んでいくのに
良い記憶も悪い記憶も改ざんだらけで大事な経験がなくなってしまってるからなんだろうね。
でも本人は非の打ちどころのない親のつもりだから
何故子供が自分を尊敬しないのか抵抗や反抗するのかすごく不満を持っていて
その都度それを酷く汚い言葉や暴力でぶつけてきて
それすら改ざんしてなかったことにしたり自分の都合の良い記憶にすり替えてる。
ああいうのまのあたりにすると人間の脳って本当にあやふやなんだなってすごく恐くなる。
あの遺伝子を受け継いでる自分は大丈夫なのかとか
自分の記憶が本当はどこまで正しいんだろうとか不安になったりもするし
自分の持ってる記憶の何もかもが実は改ざんなんじゃないかって恐怖感がずっとある。

とにかく自分にとって親は恐怖と精神不安の素だから完全に縁切ったよ。
もう本当にかかわりたくない。

82: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/04/13(月) 10:40:11.15 ID:lcvCKrLw0.net
>>67
>>81
そういう改ざんってホントに記憶が書き換えられてるのかな?
書き換えられてるように演技してるってことはあるのかな?
うちも似たような事があったんだけど、どちらなのか判断つかない。

85: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/04/13(月) 12:52:18.05 ID:sy3lehmN0.net
>>81
67です

>ああいうのまのあたりにすると人間の脳って本当にあやふやなんだなってすごく恐くなる。
>あの遺伝子を受け継いでる自分は大丈夫なのかとか
>自分の記憶が本当はどこまで正しいんだろうとか不安になったりもするし
>自分の持ってる記憶の何もかもが実は改ざんなんじゃないかって恐怖感がずっとある。

本当にこれです
私もまったく同じことを悩んでしまうし、不安になるし、恐怖感と嫌悪感があります
いくら私の主観だらけとは言え、両親以外の他人とはここまで共有している思い出の認識が違うことってないんですよね
毒親を許すとか許せないとかじゃなくて、何かもうそれ以前の話だなぁ…と漠然と思いました
許すも何も、共通の認識とか共有できている出来事がまずないんですもん

>>82
演技だと綻びがあったり尻尾が見えたり何かしら「嘘だと分かる」パターンがあるんですが、逆にそれがまったく無さすぎて
違和感や恐怖を感じたりしました
うちの毒父の場合は「そのとき素晴らしかった自分(>>83さんのお話みたいに実際は真逆だったり他人のことだったり)」に
酔ってうっとり喋っていたので、見てて本当に怖かったし気持ち悪かった

また、うちの毒母の場合は「本当に忘れている」「本当に書き換えている」
うちの毒母は「世界一正直で潔癖で公明正大で心がキレイなアテクシ」なので、嘘をつけないと言うより嘘を言おうとしません
無意識下で、自分は嘘をついてはいけない、でも忘れることはできる、だから忘れてしまおう!とかそんな小狡い感じです

痴呆になって死んだ毒祖母を見て「おばあちゃんは散々周りに迷惑かけて自分勝手に生きていたのに、最期はボケていい
思い出だけの世界で死んで幸せだったわね、いいわねボケるって幸せね」でした
だから、忘れてしまえば許される、忘れれば幸せの思い出だけのままで生きていけると思ってるんだと思います

83: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/04/13(月) 11:53:01.31 ID:tnHp9gsx0.net
>>82
難しいよね。
ファビョってる場合なんてただ単に逆切れなのかわからんしね。
私もうまく説明するのは難しい。
元々何度もあれ?って事があってある時決定打があるとしか言いようがないんだよね。

例えばいさかいがあって母親が暴言を吐き(暴力をふるい)、私は私で自分の意思を通そうとする
母親が他の人に愚痴る→他の人は私を支持
そうするとその時から母親の記憶の中では暴言を吐いた方が私、他人の支持を得た方が母親になる
というのが何度もあって「何なんだろうこの人・・・」と不信感が元々あった中で
私のある経験を母親の過去の栄光として私本人に自慢しだした時に
なんとなくつながったというか血の気が引いたというか恐怖感を覚えたというか。
その時は怖くて「いやそれあなたの過去じゃない」って突っ込めなかった。
あれが演技だったら、逆になんのためになのか聞いてはみたい気がする。

84: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/04/13(月) 12:45:32.30 ID:lcvCKrLw0.net
>>83
特に>>67みたいにニコニコしながら否定とかされたら怖いね。
むしろ逆ギレして馬脚を現す単細胞の方が楽かもしれない。
何度も何度も娘が暴言吐いたことになってるのが演技だとしたら…、
そうやって自分にも周りにも、
繰り返し娘はひどいやつだと言い続ける事で、
嘘も事実にしようとしてるのかとか、
その位しか考えられないけど…。
痴漢の冤罪というか、
娘を貶めてたい、みたいな。
もし本気で記憶を改ざんしてるなら演技性人格障害か統失とかなのかな。

引用元: ・【絶縁したい】実親が嫌い50【した】







このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2016年11月20日 21:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事