4: 名無しさん@おーぷん 2017/04/04(火)12:38:51 ID:v5J
この年(60過ぎ)ではっちゃけ次男になりつつある親父がスレタイ
糞みたいなブラック企業から抜け出して実家に戻り、半ば虚脱状態で数ヵ月過ごしたあと、
一念発起して公務員試験の勉強を始めた
それとは別に、ブラック末期から日商簿記二級の勉強もやってたので、どうせなら取るか、とそっちも続けていた




したら先の日曜、両方やってたのを知った親父がいきなりキレだし、「二兎を追うとは何事だ!どうせならもっとハードル上げろ!行政書士とか取れ!」
などと言い出した
公務員試験受けるのも簿記二級も両方「そうか、がんばれよ」だったのに、同時はダメらしい
というか、行政書士の資格試験は合格率10%前後の超難関で、もはやハードル通り越して山なんだが
ハードルは跳び越えるもので登るものじゃないと言ったんだが、全く聞きやしない

で、なぜ行政書士なのか一応聞いたら、「従兄が落ちた資格だから俺が受かれば伯父を見返せる」だそうで……
アホじゃなかろうか
というか、従兄が行政書士資格試験に落ちたの何年前(しかも親父は知らんが二度目で受かってる)だと……

それからずっと親父を無視してるが、それでも行政書士に挑戦させようとする親父の神経が本気でわからん

引用元: ・その神経がわからん!その31





このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年04月12日 08:49 ID:okusamakijyo