20150205021337

481: 名無しさん@おーぷん 2017/04/08(土)01:11:39 ID:Dku
黒歴史書き逃げします。長文失礼します。

小学生の頃から妄想をよくしていて、当時読んでいた漫画で気になるキャラがいれば、
男性なら脳内彼氏にしたり、女性なら理想の女性像として崇めたりしていた。
そのうち、ある漫画の男キャラをベースに自分の好きな性格やその他要素(職業:魔法使い、など)を詰め込んだ、
自分の理想の男性像を作り出し、さらに妄想だけじゃ飽き足らずノートに物語を書くようになった。



その時からイタいことをしてる自覚はなんとなくあったので、周囲には何も言わず表向きは普通に過ごしていた。
ただ、告白された時は「(脳内彼氏だけど)好きな人がいるから付き合えない」って断ってた。

中学を卒業しても、好みの変化に合わせて多少の設定変更はあったけど、脳内彼氏を妄想してノートに書き込んでた。
高校入学のタイミングに合わせて携帯を買ってもらってから、ネットで色々なことができるようになりさらに妄想が悪化した。
中でも一番のきっかけは、友達の勧めでモ◯ゲーに登録したこと。その時は、友達紹介でコインをゲット!みたいなものに協力するためだけに始めただけだったけど、
小説が書けるシステムがあると発見してから、数年間書き溜めた妄想ストーリーをその都度訂正しながら投稿するのに利用するようになった。
所詮高校生の自己満小説だったので、観覧数もレビューも少なかった。それでも、読んでいる人がいたので定期的に更新した。
それが、ある日突然観覧数とレビューが劇的に増えていて、レビューを確認したらすごい勢いで荒らされていた。
当時新作発表された女性向けのゲームに登場するキャラの一人が、作中で描写した脳内彼氏の見た目、性格、職業と一致、その他の要素もほぼ一緒で
舞台設定は違うけどこれはパクリだ、盗作だと書き込まれていた。
自分も馬鹿だったのでスルーができずに、小学生の頃から書いていたこと、ネットで投稿を始めた日付(1年近く更新してた)を見れば、発売予定の告知が出たばかりのゲームから盗作できるはずがないと、
アカウントの日記機能に書き溜めてたノートの写真も載せて反論した。結果、余計に荒れた。
最終的には収拾がつかなくなり、小説も削除、モ◯ゲーも退会した。
退会した時は、自分は盗作してないのに、証明もできてたのに、と悔しくて仕方がなかった。

でも、その出来事をきっかけに脳内彼氏の妄想もしなくなり、現実の男性に目を向けるようになった。
あのまま妄想彼氏に取り憑かれて脳内彼氏が脳内旦那になったりしてたらと思うと怖い。
荒療治だったけど結果オーライと思ってる。

483: 名無しさん@おーぷん 2017/04/08(土)08:58:28 ID:him

あなたの稀有な才能が失われた事を惜しみます
でも、黒歴史になっちゃったんなら仕方ないね、残念だけど
リアルの世界で、どうぞお幸せに

引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板 42







このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年04月13日 17:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事