sennou

375: 名無しさん@おーぷん 2017/05/16(火)05:37:33 ID:bbO
私のことをダサい、おしゃれに気を遣えてないとよく言っていた元彼。
まあ確かにあまりファッションセンスがいいとは言えないような女だったので、元彼と付き合っていた4年の間に色々気を遣うようになった。
おかげで周りから「最近あか抜けたよね」などと褒められることが増えたが、元彼からはずっとダサいダサいと言われ続けてきた。



それでも元彼のことが好きだったので、じゃあどんな服着てほしいと思うの?など熱心に聞いたりもしたが、「自分で考えたら?」としか返されなかった。

冷めたのは二人で買い物に出かけていたときのこと。
彼氏がとあるマネキンを指差して「お前もあんな服着れば?パーカーにジーパンばっか穿いてないでさ」と言ってきた。
「え?私あのマネキンとほぼ似たような格好をしてたことあるよね?」とびっくりして言うと、「…そうだっけ」と微妙な返事をされた。
そもそも、もうだいぶ元彼と出かけるときにパーカーとジーパンでは行っていない。4年付き合った中で「きれいめの格好の人が好きみたいだな」と分かってから、そういう服を着て髪型などにもも気を遣った。
だけどこの元彼の中では私はずっと「おしゃれに気を遣わない、パーカーにジーパンばっかのダサい彼女」だったんだと思うと、何でだよ意味分からんわと思うと同時に冷めた。それから数日のうちに別れた。

引用元: ・百年の恋も冷めた瞬間 Open 6年目







このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年05月19日 17:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事