401: 名無しさん@おーぷん 2017/05/15(月)12:07:31 ID:3nb
弟が生まれつき障害があって、そのせいか障害児教育に早くから興味があった
弟や親もそれを喜んでくれて、その学問が出来る大学に進学し、卒業後も関連する施設と機関で働いた
それから結婚して、妊娠し出産した




自分の子供の成長を見てたら驚いた
学問上、健常児の成長発達についてわかっていたはずなのに、
こんなに何の苦労もなく、歩き出し、話し出し、字を書き箸を握るのかと
多少の手助けは要るけど、本当に多少
後は本人が望んで遊びながらあっと言う間に習得していく
勿論うちの子が特別なのではなく、子を産んでから出来たママ友の子供たちもそうだった

それ以降、障害児に関わることに疲労感を覚えるようになった
仕事は復職後、数年待ったが障害児教育に直接関わらない職場に移動させてもらった
職場は遠いしお給料は下がったけど納得はしてる
教育に前向きさを持てない未熟な人間が関わるべきではない
十分な教育を受ける権利がある子供が損するだけだから

仕事が変わったことについて親には説明してない

引用元: ・【王様の耳は】奥様が語る黒い今【ロバの耳】







このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年06月30日 19:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事