how-to-spot-a-liar-0001

72: 名無しさん@おーぷん 2014/06/30(月)11:32:35 ID:7N2DM31Ez
親がおかしいのは子供のころからわかってたけど、どうおかしいのか最近まで理解できてなかった。
うちの毒は、周囲に構ってほしくなるとスーパーで知り合いに寄って行って、これ見よがしに成分表を見て「うちの子○○アレルギーで」と哀れっぽく話していた。



私は何のアレルギーもないし、田舎だからそういう子の情報は近所中が知っている。
大体、やるたびにアレルゲンが変わる。
近所の人も慣れていて、適当にあしらっていた。
それでも毎度やる毒をアホだなぁと見ていた。

ただ、私はそこで「他人のアレルギーに人は関心を示さない」という方向で学習してしまっていた。
だから、成長して食べ物関係の軽口を流すときに「アレルギー」と常に言っていた。
「カロリーじっくり見るなんてダイエット?」「アレルギーだから」、「デザート真剣に選んじゃってかわいー」「アレルギーだから」。
自分では、冗談をうまく流して会話してたつもりだったけど、周りからはそう見えてなかったと思う。
毒が周りに無視されてたのは「アレルギー」という内容が興味を引かなかったからじゃなくてもっとほかの部分で、しかも人によっては本当に深刻なことを構ってもらうためのウソに使うようなところが嫌われてたんだと最近わかった。
こういう誤解が最近になっていくつも見つかる。

73: 名無しさん@おーぷん 2014/07/05(土)13:01:05 ID:uv8iKBpxI
アレルギーって言われたら周りは何も言えないからなあ、そういう誤解は辛いね



引用元: ・毒親育ちが語り合うスレ in Open2ch 1







このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年07月23日 23:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事