806: 名無しさん@おーぷん 2017/08/04(金)00:53:07 ID:???
地域振興券が配られた時、私は小6だった。
おばあちゃんがデパートに連れてってくれて、ちょっと早いけど進学のお祝いにって券で服を買ってくれた。
ちょうどセールの時期で、長袖のカットソーを二枚。
「若い子はこういうの好きやろ?」って、グラデーションの微細ラメのプリントがされた、当時の私にはちょっとお姉さんなデザインのやつ。
一目で気に入って、三年間ヘビロテしてたらラメが少し薄れてきた。



ちょうどその頃、下妻物語が公開されてロリィタにはまった私は、着用感の出てきたカットソーをしまいこんで着ることはなかった。
大学を卒業する頃ロリィタにも飽きてきて、反動なのかシンプルなパンツスタイルを好むようになった。
服の整理をしてたらカットソーを出てきて、たしかにラメが薄れて着用感はあったけど、首元は伸びてないし型崩れもしていない。
物がいいとはこの事か!とちょっと衝撃を受けた。
古着っぽくボーイフレンドデニムと合わせて着てたら、おばあちゃんに「そんな古い物、今さら着なくても」って嬉しそうに言われた。
そこから更に三年ほど古着っぽく着て、裾のラインが崩れてきたから少し詰めてマキシスカートと合わせるようにした。
それからすぐに袖口の磨り減りが気になってきたので、七分袖にして着倒した。
中学三年間と、そのあと五年くらい着てたけど、さすがにラメは見る影もないし毛玉もできたし型崩れも誤魔化せなくなった。
今年の敬老の日には、今度は私がおばあちゃんに服を贈ろうと思う。

引用元: ・【チラシ】雑談・相談・質問・ひとり言【もどき】 31





このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年08月07日 17:49 ID:okusamakijyo