0608_parents

913: 名無しさん@おーぷん 2017/08/23(水)04:39:48 ID:OAr
別スレに、「もう全部決まっててあとは確認の肯定だよねってところでいきなり否定する癖がある奥さんの話」が
あったけれど、私の毒母の場合は、物事が済んでから「あれは嫌だった」と怒り出し、父や子供達に「自分が理不尽な
思いをさせられた」、「自分は物凄く我慢させられていた」と恨み言を言うタイプだから、本当に困ったし、腹が立った。




旅行の計画をたてる時は「どこに行きたい」とか何も希望を言わなくて、実際に旅行し、旅行から帰る電車の中で「本当は
ここには行きたくなかった」とか言い出した。旅行以外でも、もう済んでしまって取り返しがつかない段階になってから
「本当はこうしたかった」とゴネた。事前に母の悪癖を指摘して、「後からの文句はダメだ」「今のうちに言って」と
何度も何度も確認したけれど、治らなかった。
ついに父は旅行だけでなく何もかも全てを母にまかせた。すると、母は父の事を「無責任」とか「全部、私に押し付けて」と
非難し、罵倒していた。実際は母が処理したと言っても、母がやったのは業者に予算を提示するだけで、旅行は旅行会社の
おすすめのまま、家の修理は知り合いの大工のアドバイスのままだった。父は心筋梗塞で早くに亡くなった。

老後、母は子供達から相手にされなくなった。高齢となった母のために、在宅介護なら実家のリフォームとか、老人ホームへの
入居なら資料集めや見学や体験入居など、母の身の振り方を子供達が考えなければいけなかったが、事前には誰も考えなかったし
行動しなかった。母も自分から考えて行動しなかった。
衰えた母から私の兄弟それぞれに「放置されている」と非難の電話が来たが、「何度確認してもお母さんは後から文句を言うから、
私はお母さんの意志が分からないし、言葉も信じられないから対処できない」と私も兄も姉も皆、示し合わせたように同じ事を言った。
その後、母は自宅で急変して亡くなった。誰かがそばに居て、救急車を呼べは生きて居たかもしれない。でも私は母の自業自得だと
思ってしまう。

結局、母は、自分の意志が分からなかった人だったと思う。母の昔話を聞くと時代もあってか、母は若い頃から自分の両親の言いなりで、
自分の意志を持つことが許されていなかったらしい。
母は、自分で判断して行動し物事を完結させた経験が少ないから、事前にある程度の結末が想像出来ず、実際に事が起こり現実に
直面してからやっと「自分はこうしたいのだ」と分かる人だった。でも、事が起こってからは「時すでに遅し」で母が不満なまま物事は
終了してしまう。後年、母親という権力者の立場になってからは、後から文句を言って不満を夫や子供達に投げつけ、責任転嫁するように
なったと思う。自分の意志を持てなかったという意味では母も哀れな人なのかもしれない。
後から文句を言う、二枚舌を使う、これは最後には自分に返ってくるのだと母を思い出す度にしみじみ思う。

引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板48







このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年08月24日 17:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事