9cb70c83fd25be7ba805eb5f529a5404

71: 名無しさん@おーぷん 2017/08/26(土)10:30:11 ID:sjL
昔からお父さん子ってやつだった。
母が体の弱い姉にかかりきりになるぶん、父が遊んでくれた。母が姉とはなしをするように、私は父になんでも話した。
両親が離婚するときも迷わず父に付いていった。
父に付いていったからって母とも近所だったので交流は年一度位はあった。 



離婚当時中学生だった私は厳しい母より父といることで、
ケータイを持たせてもらえたり母ならくれない額のお小遣いももらえて父に付いてきたことを浅はかにただ喜んだ。
年月は流れて私も姉も、昔話をするようなおばちゃんになった。
そんな中でやっと気づいたことがある。

今思えば父が私と遊んでたというのはパチンコ店に連れていって(未成年規制前だから世代バレるね。)パチンコする父の横でお菓子をたくさん与えてもらう事だった。
横で私は学校であったこととか色々話したりもしたけど、あの喧騒じゃ普通に聞こえてないのを聞き流してただけだったんだろうね。
私はお世辞にも成績が良いとは言えない子供だったけど、
本だけは大好きで1日10冊は読んでたり読み返しすぎて擦りきれて読めなくなる本ばかりで、サンタさんには小さな頃から本をお願いして、
図書館にも入り浸った。そんな私に「お前は頭悪いんだから本くらい読んで育てば良かったのにな」
と言われたことで頭をガツンとやられた気分になった。
たしかに本は読んでも馬鹿なまま育ってしまったけど(勉強嫌いだったし)あれだけ目の前で読み続けたり感想を評論家(笑)のように父に捲し立てたりもしてた。
それでも父にはそれが見えてなかったんだって。
逆に中学以降あまり会わなかったはずの母は私が本を大好きなことも、母には話してないはずの昔の友達とのトラブルやら私の色んな事を知っていた。
今でも育ててくれたことに感謝してるし大好きな父だけど
子育てをしてくれたのは確実に母だ。私は両親の何を見て育って何を感じてお父さん子になったんだろう。

引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板49







このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年08月28日 22:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事