高校-300x200

468: 名無しさん@おーぷん 2017/10/19(木)02:25:54 ID:KdU
久々に鮮明すぎる夢で見たので吐き出し
長すぎるのでチラ裏ではなくこちらに書きましたが、内容はチラ裏に書くようなことです

私の高校はかなりレベルの高い進学校で、私は落ちこぼれ生徒でした
私のクラスにはとても性格も頭もいい、美人で可愛い学年首位のA子がいました
私とはあまり接点は無かったものの、その人間性は好きでした
人間としては私の十歩、百歩先をいくような人でした



高3の頃、冬に学習合宿がありましたが、その時インフルエンザが流行っていました
それも高熱が出るようなものではなく、風邪の症状とよく似たインフルエンザでした
私とA子はともに合宿中に37.5度前後の熱を出し、寝るときに2人だけの隔離部屋を準備されました
A子はとても真面目で、寝る前はいつもNHKの英語のラジオを聞いて勉強してから寝るそうで、その時も録音したものをイヤホンで聞いていました
体中の痛みと寒気に震えていた私は、何故かその姿を見て無性にイライラしました

私は高校に入ってから、家庭が荒れに荒れていました
父側の親族が夜逃げして、その借金が父にふりかかり、父は性格が変わりました
父も母も夜通し働き、私も高校に許可をとって、誰にも知られぬよう、生活のため、数駅先でアルバイトをしていました
それでも父は毎夜私と母に暴力を振るい、挙句浮気して、当時は、離婚で揉めに揉めていました
そんな中、心身弱っていた私は、外側から見て欠点もなく、黙々と勉強する彼女にどうしてだか抑えきれないイラつきを感じました
古い再生機の出す「カシャ、カシャ」という音が耳障りで不快で仕方なく、少し困らせてやろうと思い、彼女に
「私は音が有ると寝られないタチなの、悪いんだけど、止めてくれないかな」と言いました
ただ少し、勉強を邪魔してやろうという出来心でした
だけど彼女はイヤホンを外すと、申し訳なさそうにして何度も謝ってきました
私には彼女のような素直さはありません
それが眩しくて、罪悪感となって私を襲いました
話はそれにとどまりませんでした
私は帰宅してから、両親のいがみ合う姿を見たくなくて、ろくに養生せず、着替えもせずに一番静かな庭の古い倉に隠れていました
A子の姿を間近でみたあとだから、余計に両親のそばにいたくなかったのです
お陰で発見されたときには肺に水が溜まり、脱水で危うく死にかけるところでした
二週間入院し、退院したころには高熱で右耳の聴力が殆どありませんでした
漸く学校に復帰できたら、真っ先にA子が私のところに謝罪にきたのです
体調は大丈夫か、私のせいで回復をおくらせてしまったのなら申し訳ない、気遣いが足りなかった、どう詫ていいか
私はA子にちょっと意地悪をしてやろうと思って言っただけなのに、A子は私が復帰するまでの間、ずっと後悔していたのでした
その一言一言がより重い罪悪感となって私を押しつぶしました
酷い後悔と自己嫌悪に、目の前で謝るA子に声をかけることができませんでした
かける資格すらないように思いました
謝り続けるA子を見て、A子と仲の良いB子が事情を聞きに来ました
B子も人間的にとても立派な女性です
他人に厳しく、それ以上に自分に厳しく、常に正しく、私は怖くて少し苦手でした
B子は私の醜い内面を見透かしているようでした
「あなた、何のために高校に来ているの?いつもいつも授業中寝て、宿題もやらず、赤点ばかり
夜遊びしているという噂もあるの、おかしくない?
だけどそれなら自己責任で何も言わないわ
でも、A子の勉強の邪魔をするなら許さない
体調を崩したのはあなたの管理不足でしょう?A子は風邪を引いてもすぐに治したのよ
グズグズ病気に甘えて二週間も休んだあなたと一緒にしないで」
私は小さくなって謝るしかできませんでした
B子は「謝る相手が違うでしょう」と正論を畳み掛けました
A子は必死にB子を止めてくれました
私を庇ってくれました
こんなに優しい他人思いのA子に意地悪してしまったことが、私の一生の後悔の一つです

469: 名無しさん@おーぷん 2017/10/19(木)04:28:16 ID:Q0A

子供のころから作文が苦手で、どうしたらそんなふうに長い文章がかけるのか教えてください

470: 名無しさん@おーぷん 2017/10/19(木)06:33:43 ID:39D

すごい、短編一つ読んだような充足感感じた
人が多かれ少なかれ抱える罪の意識を良い文体で書き、
登場人物それぞれに共感させられる

473: 名無しさん@おーぷん 2017/10/19(木)08:54:06 ID:GKe

病気で苦しいと少しの音でも煩わしく感じますよ。A子も病気なんだから休んでたらいいのに。

それにA子の気持ちもわかるけどしつこい。B子は、何も知らないくせにでしゃばってうざい。

485: 名無しさん@おーぷん 2017/10/19(木)13:55:51 ID:KdU
>>468
です

>>473

学習合宿では夜22時まで授業
その後小テストで間違えたところを正すというカリキュラムで、私が布団に潜り込んでいた頃はまだ授業中でした
A子は私のために部屋の電気を落とし、小さな机で邪魔にならないように勉強してくれていました
授業終わりにB子が荷物を届けに来たので、私の邪魔にならないように勉強していたA子の姿を見ています
だからこそ、そんなA子の邪魔をした私を許せなかったのでしょう
それに、家庭が荒れていたとはいえ、日頃の私の態度は酷いものでした
ストレスからか、家にいると一睡もできませんでした
電車で寝入ってしまって遅刻することもしばしばで、学校でだと不思議と眠気がきました
毎日授業中に眠り、保健室で休むことも多かった
B子の「何のために高校に来ているの」という言葉は最もです
私が受験した年は倍率が3倍を超えていて、本来なら私よりもこの学校にふさわしい人はたくさんいました
そんな中で他人から勝ち取った席で自堕落なことをしていたら、示しがつかないというのは当然の考えです
自分に厳しいB子には許せないことだということはよく理解できます

492: 名無しさん@おーぷん 2017/10/19(木)21:11:46 ID:GKe

それでも貴方が気にする必要ないでしょう。

引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板51







このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年10月22日 12:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事