159: 名無しさん@おーぷん 2017/11/04(土)01:57:00 ID:SoO
母子家庭育ち同士の結婚だったけど結局離婚しました。
元姑が笑えないくらいの貧乏で、その理由が息子(元夫)の借金を払ってたから。
借金の手助け以外にも
「何に使ったからわからないけど手元にお金が残らない」
という感覚の持ち主でもありました。



結婚式どころか結納すらなかったし、最後のほうまで元姑の財布事情はわからなかったよ。
典型的な「口は出しても金は出さん」な人だったのもあって。
事実がわかった時はあまりの無計画に引いた。
いつだって助けてもらえるというぬるま湯に浸かってた元夫、当然のようにまた借金。
とうとう元姑の金が尽きてしまい、にっちもさっちもいかなくなって両家交えて話し合い。
私が双子育児に手一杯だったのと、今思うと心身、経済のDVで完全に頭いかれてたんだろうね私。
元夫に借金の疑惑を持ちつつも当時は向き合う気力がなかった。
そもそも常に論点すり替えて話し合いできるような人じゃなかったし。
離婚以外ないだろって段階でも元姑は一人で大反対だったな。
私に何を期待してたんだか。
わかるけど今もあえてとぼけるよ。
元姑も散々な真似してくれたから、おかげで今日までなんの罪悪感も持たずに生きてます。

話は変わって私が離婚する半年くらい前に実母が中古でマンション買って引っ越し済みだったんだけど、私は元夫側に頭金と引っ越し代でスッカラカンと強調してた。
よくわからないけどキャッシュで買ったのは絶対言ってはいけないと頭の中のブザーがものすごいことになってたから。
スッカラカン話を覚えてたらしい元姑は実母の助けは借りれないと判断したらしく
「なんでマンションなんて買ってしまうんだ!母子家庭なら私みたいに団地に住んでればよかったじゃないの!」と母に掴みかかったのを見て私のついた嘘は正しかったと情けなくなった。
なぜ母子家庭すべてが自分と同じ生活をしてるの前提で話をするんだろうか、今でもわかりません。
(むしろ実母は高給取りの部類ではなく、日々の努力なしでお金は貯まらない信条の持ち主)

実母と子供達には本当に申し訳ないことをしてしまった。
だからお金は上手に使って子供にはお金のことで迷惑をかけない暮らしをするために頑張ります。

引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板52





このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年11月08日 18:49 ID:okusamakijyo