346: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)14:13:32 ID:4kd
我が家で初めて猫を飼った時の話。

そこそこ田舎の、建て増ししたり改築したような古い木造一軒家に住んでいた。
窓や扉をしめ切っても、どこからか風が入り込むぐらいで、冬はそこそこ寒かった覚えがある。
そんな家なので、飼った猫もどこからか抜け穴を見つけ、自然と外と屋内を行き来していた。
家族みんなで可愛がっていたいのだが、ある日を境に急に猫が帰って来なくなった。



近所を探したり見かけなかった聞いたが、結局見つからなかった。
その猫を諦めて数か月後、父が道端で子猫を保護し、その猫はそのまま我が家で飼われる事に。
子猫もすっかり慣れたある日。
母に、外にあるトイレの電気がつけっぱなしなので消してきてと言われ
子猫とキャッキャウフフと遊んでいた私が勝手口をあけた所
そこには行方不明になっていた猫が!
私「あっ!」
猫「!!」
子猫「?」
猫は子猫をを見て「誰それ!!?何それ!?」みたいな顔。
数十秒仰視した後、猫はどこかへ逃げるように去って行った。
あの時の猫の驚いた顔が今でも忘れられない…。
私はまさか猫が帰ってくるとは思っていなくて、生きてた!という嬉しさと
でも今新しく子猫飼ってるし…という複雑な心境だった。
家を出て、数か月後に我が家に帰ってきたら、見知らぬ奴と家族が楽しそうにしてた…って
猫の気持ちになると、すごく酷な事した気分になった。
ごめんよ猫。

352: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)14:50:10 ID:mWO

前猫「誰よ!その泥棒猫!」

引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板52







このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年11月12日 18:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事