ph01

607: 名無しさん@おーぷん 2017/12/02(土)20:23:41 ID:M5E
流れ的に創作と言われそうな長文(愚痴あり)を投下しにきたので、コイツはと思われる方は読み飛ばしてください。

15年以上前に別れた元彼と職場で再会したら思わぬトラブルに発展した。

わかりやすく説明しようとしたら長文になりました。
愚痴7割なので、鬱陶しいと感じられる方閲覧注意願います。
文字数の多さから一度に入らなかったので分割します。




(1)
高卒で働きはじめてすぐの頃に、2歳年上の先輩と一時期付き合っていた。
この先輩をHとする。1年近く付き合って、半年は同棲したがあまりにも金銭感覚がルーズなことと母子べったりなことに耐えられず破局。
2年後に持病の治療のため退職し、その後現在の夫と結婚した。

結婚から15年。3人の子供たちも手が掛からなくなってきたので働くことにした。
再就職先は高卒で勤めていた製造系の工場。
最近になって事業拡大し派遣作業員を募集していたから応募したら採用された。
なお、応募したのは単純に時給がよく、希望していた日勤のみの週休二日制だったから。

働きはじめて1年で社員登用試験に合格し、主任待遇となった。
その頃に敷地内の古い部門が次々と閉鎖され、そこで働いていた作業員が繁忙期となっている各部門に組み込まれた。
そのなかのひとつが、私が在籍している新設されて1年の部署だった。
私を含む多くの派遣が社員登用されていた。
受け入れた作業員のなかにHをはじめとする、私が以前働いていた当時のメンバーが少数だが残留していた。
15年以上経っていることで、当時はぺーぺーでも今は古株。気の合う人、合わない人はあったがお互いの近況を報告し合ったり、子供の進路の話をしたりとそれなりに楽しく働いていた。

そんななか、派遣から新人が入って来た。
18歳の女の子だった。
この子をK子とする。
K子は飲み込みが早く、控えめだが芯が強く若手のなかでは最有望株だった。
K子が入社して半年が過ぎたころ、本人が社員希望で入ってきたこともあり、社員試験を受ける際に必要な上司二人の推薦状を主任の私と工場長が作成しようとしていた矢先、このK子がHと付き合いはじめた。

それは個人の勝手なので、二人の年の差が親子でも本人たちがいいのなら外野が口をはさむことではないので静観していた。
ただし、仕事とプライベートの区別がついていない点に関しては指導をした。
結果としてそれが頓珍漢な解釈につながっていった。

608: 名無しさん@おーぷん 2017/12/02(土)20:24:12 ID:M5E
(2)
先に、閉鎖された部門の人員を受け入れたことに触れたが、その際に私が指導に当たった。
一度退職して再雇用された私が、別部門から流れて来た古株に仕事を教えることになった時は胃痛を覚えたが、ベテラン製造員とはいえ作業の内容上指導も訓練もなく作業に入るのは不可能。
あえてたとえるのなら、昨日までおはぎを作っていた人員にケーキを焼けと言うようなもの。
新人教育を含む生産管理が私の仕事なので、彼らも私預かりとなった。

これがH的には面白くなかったのだろう。
新しくできた彼女や若手中心にあることないことを吹き込んだようだ。
掻い摘んで聞いた内容は以下の通り。
「あいつはまだ俺に未練があって、俺を追いかけて再就職してきた」
「俺とK子のことに口出しをするのは若いK子に嫉妬しているからだ」
「俺と再会するなり俺の電話番号を聞いてきた」

こう得意げに吹聴していると古株たちに昼食中に聞かされ、ちょうど啜っていた味噌汁を私は鼻から噴いた。
笑いの発作がおかしなところに入った私の背中をトントンしてくれた古株も苦笑いしていた。
どうも私の苗字が変わっていないことから、バツイチの子持ちから復縁を迫られていると思い込んだようだ。単純に一人娘が婿をいただいただけなのだが。

Hの言い分のうち、上二つはすでに書いているので最後の電話番号について補足すると、場内の管理者は全員業端を持っているので、現場作業員とやりとりする際は業端から。
携帯を持っている全作業員に私用で使うことも、外部に漏らすこともないので預かる旨を書面にして、署名捺印してもらったうえで預かる。
古株には番号の変更の有無の確認をとった。そのなかにHもいた。

Hからすれば長く働いた部門が閉鎖され、新設された部署に移ったら上司の半数は自身より若い世代で、中途採用で戻って来た私が上司の一人になっていたのでは鬱憤も溜まったことだろう。
私をさげることでプライドを保とうとしたのか、新しくできた若い彼女や若手に見栄のひとつも張りたくなる心境は理解できなくもない。
ただしそれは古株全員に言えることで、内心で面白くないと感じても仕事である以上割り切るしかない面でもある。

仕事に支障さえ出さずにいれば中年男の妄想ですんだのだが、支障を出すからこちらは指導せざるを得ない。そんな悪循環が続いた。
HとK子の何よりまずかった点は、TPOを弁えられないこと。
具体的には休憩時間が終わっても二人の世界から作業場に戻ってこない、職場で喧嘩をするたびにK子が泣いて仕事にならない、Hが年下の班長の指示に従わず独断で周囲に作業を割り振ること。
そのころには閉鎖された部署から移ってきた古株の多くには、ベテランにしか務まらない部門を担当してもらっていたのだが、こういった点が問題視されHはその候補から漏れていた。
場内で働く人間は日勤のみの作業員のほか、三班編成の交代勤務で24時間回している。
新人作業員は日勤、作業を覚えて独立後に班編成に組み込まれる。
HとK子は同じ班の所属だった。
最終的には工場長が時間を設けて個別に面談をし、派遣のK子には派遣元からも指導が入った。
それでも改善されなかったため二人を別の班の班員として振り分けた。

私を含む管理者側としては、Hと付き合いはじめてTPOを疎かにするようになってしまったK子の社員登用の話がなくなってしまったことが惜しいと思っていた。

609: 名無しさん@おーぷん 2017/12/02(土)20:24:59 ID:M5E

(3)
HとK子はすれ違うより結婚!とアクセルを踏んだ。
どうも二人は私が嫉妬でHとK子の仲を引き裂こうとしていると思い込んだようだ。
管理者一同満場一致で心境は「やめとけ」だったが、これも個人の勝手なので口出しはしなかった。
とはいえ私に結婚式の招待状が届いた時には二人の正気を疑った。
おめでたい席に、15年以上前とはいえ一時期同棲したことのある女が出席しては水を差しかねないと辞退を訴えたのだが「出席できないのはHさんに未練があるからだ!」というK子のはっちゃけぶりに諫めるのは無理かと上司として参加することにした。
傍から見たらK子のはっちゃけは、反対されると燃え上がるという恋をした若い子にありがちなもののように思われた。

披露宴当日にK子父が夫の部下だとわかった。
夫とK子父はたまに飲みに行く仲。
その際に何度か嫁同士が酔っぱらった夫の飲み仲間を車で自宅まで送り届けたことがあり、奥様とも面識がある。
披露宴会場に入る前に夫の部下と再会し、K子父だとわかってご縁がありますねと挨拶をした。
その披露宴は途中まで滞りなく進んだが、H母の相変わらずの息子ラブっぷりにK子は結婚してから苦労するだろうなと思いながら義理を果たしていたのだが、そのH母がマイクを握ったことでややこしいことになった。
新郎から私が参列していると聞いていたのか、「息子ちゃんの過去の女〇〇(私のフルネーム)が年甲斐もなく息子を奪おうと乗り込んできました。二人には妨害にめげず温かい家庭を励んでいただきたいです」と訴えた。
あの瞬間の新郎の勝ち誇った顔は、思い出すたびにあまりの次元の低さに頭が痛くなる。

繰り返すが、私は新婦の父親の上司の嫁。奥様とも面識がある。
K子が夫の部下のお嬢さんだとわかった以上、一生に一度のお式を台無しにするわけにもいかず席を立つことなく聞き流していたのだが、新婦両親は真っ蒼になった。
アイコンタクトで落ち着いてと言ったのが伝わったのか、その時は新婦両親も大ごとにはしなかったがお式の後に連絡があり、事実確認の場を設けることになった。

K子両親から謝罪を受けた後、Hと付き合っていたのはまだ私がK子と同じ年の頃で、一時期同棲したこともあるが今の二人とは仕事以上の接点はない。
実際K子がお二人のお嬢さんだと知らなかったくらいの浅い付き合いしかない。
ただ、現場の管理者として仕事上不適切と判断すれば指導することもあるが、二人がそれをどう捉えるかは本人次第なのでこちらとしてはどうすることもできない。
披露宴の出席に関しても、お祝い事に水を差しかねないと辞退したが出席を新婦から強く希望されやむなく出席した。
新郎と、新郎両親の人柄については私から言うことは何もない。若気の至りでも同棲に至った相手なので、双方の親とは面識があるが、別れた後は付き合いもなく過ごしていた。

ということを、なるべく刺激しないよう言葉を選んで伝えた。

同棲時代のことや破局の理由についても控えめに質問があったが、当時は新郎も二〇代になったばかりの若い青年で、お嬢さんとの結婚生活の参考にはなりませんと回答をぼかした。
でも食い下がってくる。
逆にこちらからなぜか尋ねたら、Hは40代にもなって結婚式の費用すら出せずに総額をK子両親が払ったそうだ。
娘は妊娠しているし、本人が自分で選んで連れて来た相手なので尊重したいが、今日の新郎母の態度を見ていると嫁イビリされるのではないか、仮にうまくいったとしても、親と同世代の夫を持てば介護の問題がすぐにくる。
親としては娘が苦労するのではないかと気が気でない。

610: 名無しさん@おーぷん 2017/12/02(土)20:25:48 ID:M5E
(4)これで終わります。長文で申し訳ない。
K子両親の主張に私の血の気が引いた。
真っ先に確認をとったのはK子の妊娠が本当かどうか。
事実なら会社に報告していないことが問題だった。
一日中立ち仕事で一つ5kg~15kg製品を、抱えて下ろしたり組み立てて動かしたりする力作業のため、妊娠した場合は配置転換が必要になる。
社員、派遣問わず、妊娠後もギリギリまで働きたいと希望する作業員には交代勤、残業から外し、事務所内のデータの打ち込みや座ってできる軽作業を割り振る。
これは産業医が日勤にしかいないため、安全重視の観念から社内規則で定まっている。
K子もHも当然知っているはずで、仮にその規則がなくても仕事内容を少し考えればわかることだ。
仕事内容と上記の社内規則を説明したうえで、妊娠の事実をK子両親に確認をとった。
私もK子両親も青くなった。
K子は一番流産しやすい時期にも関わらず報告していなかった。Hからもない。二人が所属している班の班長からも連絡は受けていない。
後日本人たちに確認をとったところ、日勤の管理責任者が私なので二人は故意に報告しなかった。
一人の作業員が一日にこなす数は150個前後。K子は200個近くこなしていた。
二人のTPOを弁えられない性質が、最悪の結果につながるところだった。
若いK子が妊娠を甘く見ているのだとしても、40代で勤続年数の長いHが、K子が担当している作業が、妊婦にさせていい内容ではないと判断できないことが問題。

K子の両親に、私は大昔の破局理由より、そちらのほうが大事だと言った。
同時にプライベートに関しては親御さんの判断に任せるが、仕事を続けるのであれば早急に配置転換させますと伝えた。
その日のうちに工場長とK子の所属する班の班長に連絡をして、K子の妊娠の事実が会社に報告されていない一連を報告した。
当然二人は呼び出し。その際に「ちゃんと仕事をして数をあげているのに難癖つけるな」と父親になる男が言った。
自分の妻子の命を何だと思っているんだと、お産を経験した母親として、K子の両親に同じことを言えるのか、私がK子の両親なら引きずってでも離婚させると強く感じた。
双方に厳重注意をしたうえでK子には日勤の軽作業を割り振ったが、社内の人間だけでなく実の両親も顔色を変えた重大さを、頭の配置がおかしな風になっていた二人には理解できなかったようだ。
H母が私の家に怒鳴り込んで来たり、二人から暴言を吐かれたりしたのはこの際どうでもいいので割愛。
二人はその後私がいるような会社で働けるかと辞めて行った。
結婚式の費用すら出せない40代の男が無職になる気かと思ったが、案の定出産費用も結婚生活もK子両親から出ていたそうだ。
その夫婦生活も長くは続かず、子連れでK子は実家に戻ったようだ。
実家に戻る前のK子が、子供を産んだものの父親のKは無職、H母からの嫁イビリと重なったことで夢から覚めたらしく、元同棲相手の私に詰め寄って来た。
どうしてHとH母があんな人たちだって教えてくれなかったんだと言われたが、誰の目から見てもわかることがあの当時のK子にわからなかっただけだ。
会社を辞めてすぐに、K子両親から離婚させようとしたが、頑なになるばかりでどうしようもないと聞いていた。
K子両親に連絡して引き取りにきてもらう事態になったこともあり、この一連でK子父が委縮してしまって、夫との距離がよそよそしくなった。

夫は夫でK子父から相談を受けることがあったようで、娘が実家に戻って来て以来、二言目には私夫婦に申し訳ないと言うそうで、飲み仲間が減った夫が寂しげにしている。

611: 名無しさん@おーぷん 2017/12/02(土)23:10:11 ID:x7D

長いけれど読みやすい文章でした
貴女は上司として当然の姿勢を通しただけ
何も気に病むことはありません
ただ、K子さんのご両親が気の毒でなりません
K子さんも、Hと知り合わなければ一連の騒動の渦中の人にならずに済んだのに残念ですね

613: 名無しさん@おーぷん 2017/12/03(日)12:20:37 ID:FOT

長文お疲れ様でした。
H親子は端的に言うと疫病神ですね。自身の職場環境も配偶者の将来も親子関係も、さらに配偶者の親の職場の人間関係も悪化させるとは。ここまで有能な疫病神は稀ですよ。報告者さんは若いうち別れることができて幸運でした

引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その24】







このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年12月06日 12:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事