60a8ddf6d16c16112801086ec4d51039


435: おさかなくわえた名無しさん 2006/03/01(水) 11:46:02 ID:DfKAkEuw
そんなに大きくはないけどレストランウェディングなら承ってますって感じのホテルに勤めている。
市内の某ホテルが近く廃業することになっていて、社員さんから、職安通したり個人的に売込みがある。



で、そのうち、個人的に申し込んできた50歳の課長さんとやらの面接に同席した。
本来は専務(社長の息子)とマネージャーが面接を行うんだけど、
その日はマネージャーが親戚に不幸があって休みで、サブマネージャーの俺に回ってきたわけです。
面接会場である小会議室で待っているところへ課長さん「ああ、どうも」って入ってきた。
椅子をすすめると深々と腰かけて背中をそらし(太っているからか?)手を腹の前で組む。
以下、専務とのやりとり。
「フロントをご希望とのことですね」「そう」
「あちらではフロントはのべで何年くらい経験なさってますか」「さあ、数えたことないなあ(ニヤニヤ)」
「なるほど、とにかく経験は豊富でいらっしゃると」「ま、あなたがたよりはね(ニヤニヤ)」
(ちなみに専務と俺は同じ38歳。若造だと思って舐められていたのは明白)
「もし採用となった場合、なにか希望はおありですか?」「念のため聞きますけどね、私がトップですよね」
「フロントのですか?いや、今日は都合でおりませんがマネージャーがおりますので」「それは困るなあ」
「困る、とおっしゃいますと?」「(ニヤニヤ)言っちゃ悪いですけどね、ホテルの格ってものがあるじゃないですか」
「つまり、当ホテルの従業員より上なのだから、と」「そうは申しませんがね(ニヤニヤ)」
「分かりました。検討させていただきますので今日はこれでお引き取りください」「もう終わり?」
「はい、けっこうです」
そして部屋を出て行くときに「いやいや、おもしろいやりかたをなさる」との捨て台詞つき。

もちろん不採用になったんだが、なんのつもりか「どうして私が不採用なのか」って、えらい剣幕で電話してきた。
俺はまた、うちには勤めたくなんかないけど、家族の手前か、形ばかり面接受けたんだと思ってたよ。

436: おさかなくわえた名無しさん 2006/03/01(水) 11:50:09 ID:vds0+Lr4
逆に採用されるような要素がひとつでもあったのかと

437: おさかなくわえた名無しさん 2006/03/01(水) 11:50:18 ID:DgVIPUAa
>>435

ぐあーー
その中年親父頃したい
よく耐えたね。

438: おさかなくわえた名無しさん 2006/03/01(水) 12:00:34 ID:5D1fQ8G6
>>435

バブルのいい時期を経験してきたオッサンはそういうの多いような。
実力ないくせに勘違いしちゃってて見るに耐えない。

439: おさかなくわえた名無しさん 2006/03/01(水) 12:42:33 ID:thL3lZmV
たぶん人に話す時は、
「435のホテルから『是非ともうちのホテルのフロントマネージャーに
なっていただきたい』と申し込まれたが、ホテルの格が違いすぎて
自分には合わないので断った」って話になってるんだろうね。
しかしそんな不遜な態度でよく永年フロント業務なんかやってたな。
客には逆にすごく丁重なんだろうか。

441: おさかなくわえた名無しさん 2006/03/01(水) 12:47:33 ID:gjRxjCSe
>>439

だからつぶれたんだろ・・・。

469: 435 2006/03/01(水) 15:18:43 ID:DfKAkEuw
>>437

耐えるのも仕事なんで慣れてますからw

>>438

うちの社長の話では、まさにそういうことらしい。
若いころがバブル期で、殿様商売を覚えちゃった世代が上にきたから、
昔の夢が忘れられなくて「イヤならよそへどうぞ」って商売をしていたって。
俺もいちおうバブル世代ではあるんだけど、
地元の国立だから大学時代においしい思いはしなかったし、
(まあ、就職先は選びたい放題に近かったけど)
会社では、まだ下っ端のうちに崩壊しちゃったから助かったのかも。

引用元: ・その神経が分からん! part147








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年12月15日 19:19 ID:okusamakijyo

おすすめ記事