img2

789: 名無しさん@おーぷん 2017/12/09(土)14:23:34 ID:efI
私の実家は今こそアパート経営で生計を立てていますが、昔はそこそこの土地を持っていました
これは私の実家がまだ農家をやっていた頃の話
ある日、父が知り合いから烏骨鶏の受精卵を5つほど譲り受けてきました
烏骨鶏の卵は高値で売れる為、採卵目的であったと思います
大事にインキュベーター内で加温したところ3つの卵が孵化しました
ただし、父が望んでいた烏骨鶏ではなくごく一般的な白レグ(普通の鶏)でした
期待を裏切られた父がやる気をなくして飼育をやめてしまった為、私が引き続き3羽を世話することになりました


飼育を始めて半年が経過する頃には3羽ともわたしに懐き、縁側でうつ伏せになって漫画を読んでいると、肩や土踏まずの上にとまるまでになりました
重いし臭うし五月蝿いしで嫌なところもありましたが、3羽とも大切な私の家族でした
ある日、私が学校から戻って庭にある飼育小屋を覗きに行くと、3羽の姿が見えません
それぞれの名前を呼びながら庭中を探しましたが見つかりません
嫌な予感がして母に鶏達を知らないかと聞きに行くと、台所で揚げ物をしていた母は「そこにいるやろ」と振り向かないまま言いました
チョボと、ポコと、くーちゃんは、夕飯になってテーブルの上に乗っていました
夕食時、パクパクと唐揚げを平らげる両親でしたが、私は一切箸をつけることができませんでした
食べ物を粗末にするなと父に叱られましたが、絶対に食べるものかと思いました
私にとってチョボ達は家族でしたが、両親にとっては家畜に過ぎなかったことが衝撃的な出来事でした

790: 名無しさん@おーぷん 2017/12/09(土)14:28:40 ID:ZLK
ガレッジセールのゴリが、家で世話してたヤギがある日夕食の鍋になって出てきたのがトラウマでヤギが食べられなくなったってエピソードを食わず嫌いで話してたの思い出した

791: 名無しさん@おーぷん 2017/12/09(土)15:29:07 ID:Id7
>>789
にとっては可愛い家族だった鶏たちも、
ご両親の目には食材にしか見えていなかったんだね
ジェネレーション・ギャップによる考え方の差で仕方ない部分もあるけど、切ない…
789に可愛がってもらえて、チョボちゃんポコちゃんくーちゃんは幸せな鳥生だったのが救いだよ

793: 名無しさん@おーぷん 2017/12/09(土)18:20:29 ID:Tib

世話を放棄して他人に育てさせたくせに勝手に食糧にするってなんなんだろうね。
> 食べ物を粗末にするなと父に叱られました
自分がした事を棚に上げて何言ってんだろ。余所様の親御さんだけど、ふざけんなジジイって思った。

794: 名無しさん@おーぷん 2017/12/10(日)07:33:24 ID:adD

短い間だったかもしれないけど
チョボとポコとくーちゃんはあなたと暮らせて幸せだったと思う。
三羽と暮らしていた時の気持ちと思い出を大切にして三羽に
感謝しましょう。
三羽がどんな経緯で死んだかは些細なことです。

795: 名無しさん@おーぷん 2017/12/10(日)09:48:04 ID:jU5
>>794

最後の一行は余計だと思う

801: 名無しさん@おーぷん 2017/12/11(月)09:58:17 ID:gjb
>>795

ご両親に対するわだかまりが残ってはいけないと思って書いた。

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その20








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年12月13日 21:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事