de26694c-s

115: 名無しさん@おーぷん 2018/02/09(金)19:47:55 ID:Jmz
自分が中学生の時に、中二病発症?してる男の子がいて喋り方が芝居がかってるというか昔の少女マンガのようだった。



「ふ…そんな事は…ないさっ!」
「まぁ…なんというか、ははっ、君には分からないだろうね!」
みたいな、一呼吸置いた感じの喋り方。
マンガだとそんな変じゃないと思うけど、実際やると凄く変。

皆、ドン引き顔でスルーしてたんだけど、私は彼を見る度に猛烈に恥ずかしくなって下を向いていた。
顔も赤くなってたかも。
その感覚が「共感性羞恥」というものだと知って凄くスッキリしてる。
彼の身に起こった事を自分の身に起こったものだと思って恥ずかしくなっちゃうんだってね。
私、「もしかして彼の事が好きなのか?」ってちょっと悩んだ時期もあったんだよね。
言わなくて良かったよ。
しかしこの感覚が1割の人にしか起こらない事にびっくり。もっといるよね?同じ人。

引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板57








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年02月24日 21:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事