visu_lasik_ope01 (1)

627: 名無しさん@おーぷん 2018/03/16(金)10:04:52 ID:GJj
レーシック手術。
水晶体にレーザーを照射すると、一瞬色んな色鮮やかな光が目まぐるしく飛び交うように見えて
それが混ざり合って目の前が真っ白になったと思ったのに、真っ黒にも見えて、
そのどっちともつかない不思議な色がじわじわと真逆の色に(黒とするなら白へ、白とするなら黒へ)



変化していって何も見えなくなる。そんで目を洗浄しつつ開いた角膜を結構堅いヘラみたいなので元通り被せて
ゴシゴシくっつけるんだけどこれが結構乱暴で怖かった。それが終わると目の前が白いモヤに覆われてる程度には見える
目にゴミが入らないゴーグルかけて帰るんだけど、麻酔が切れると痛くて目が開けてられなくなる。
と言っても、瞬きをしないで目を開けっぱなしにしてる時とまるっきり同じ痛みだけどね。
ただ目を瞑っても良くならないし、妙に異物感あるし、個人的に一番楽な方法としてずっと薄目にしてた。
もしレーシックやる人いたら、家に着いたあと鏡を見る前に一度落ち着いたほうが良い。痛そうなの苦手だと心臓に悪い
厨二病は好みそうだけど。黒目に沿って角膜に真っ赤な血の痕がついてて写輪眼ぽい。
傷が治るまでの数日、殺菌目薬とかヒアルロン酸とかをはじめは3時間置きくらいにさして、
傷が塞がると数日間だけの視力ボーナスが始まって、全てが鮮明に引き締まって見える。
例えば紙に判別できる限界まで小さい文字を書いたら、それと同じくらいの大きさの遠くにある看板の文字は全部読める。
あれはかなりテンションあがった。
数日のうちに完全に傷が治ると、目の筋肉が適切な視力で馴染んで面白体験は終わり。
レーシックは話題に登るとすぐに失敗とかミスの不自然過ぎる噂が爆発的に広まってさほど発展せずに埋もれていったけど
今年で受けてから15年経つけど問題なく見えてるわ。

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その21








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年03月19日 14:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事