war_kyu_nihonhei_rikugun (1)

719: 名無しさん@おーぷん 2017/10/22(日)16:16:23 ID:???
多分昭和50年代前半
近所のお祭りに「もと傷痍軍人で体が不自由なので~」という
説明板をたててる物乞いが何度かきてた



「あいつぁ偽物じゃ、わしらが子供のころ(終戦年生まれ)は、よう駅の階段にああいうのがおったがの」
と父は笑ってた
幼稚園児ながら昔戦争があったことはなんとなく知ってた

それが物乞いを見た最後
たしか物乞い禁止になったんだよね
いつくらいまでいたんだろう

720: 名無しさん@おーぷん 2017/10/22(日)16:26:39 ID:???
あ、傷痍軍人ってより「私は戦争にいって傷を負い、歩けなくなり~」と書いてあったと思う
割と早く漢字が読める子供だったんで得意になって字を読んでたら、母親に引き剥がされたw
「駅に沢山~」っていうのは火垂るの墓をみて納得した
軍服着たままの物乞いとか居たわぁ、なんて親達は話してて、いま現代の感覚からするとすごい非情な話…
でも当時は当たり前の風景だったんだろうな

724: 名無しさん@おーぷん 2017/10/23(月)10:35:52 ID:???
10年ぐらい前の地元の祭りにまだいたよ

725: 名無しさん@おーぷん 2017/10/23(月)10:47:01 ID:???

福祉やっていると色んな世代の話を聞く
「傷痍軍人」は見たこともないけれど、現在60代以上の人(東京都)が良く思い出の一つとして話すよね
異動でそういう身体的に障害ある爺さん婆さんが入る施設で、やっていた人に出会った
実際は、申請すればこうして手厚い保護を受けられるのが分かっているけれど、働きたいという動機があるんだってさ
結果的に物乞いみたいだから、不正な小遣い稼ぎに成り下がる人が多くて、悪いイメージがすぐに浸透
その爺さんも恥ずかしくなって福祉施設入りしたんだと

726: 名無しさん@おーぷん 2017/10/23(月)11:50:01 ID:???

40代だけど
23歳で大阪に旅行に行った時に、大阪の高島屋か三越だかの近くで
軍服着て鍋ぶら下げてなんか歌?を唄って物乞いしてるの見た事がある
今時傷痍軍人の物乞いいるんだ!?と衝撃で、今でも覚えてる
本当に傷痍軍人だったのかそうでないかはわからないけど

727: 名無しさん@おーぷん 2017/10/25(水)23:24:53 ID:???

20年くらい前なら、阪急とJRの間の陸橋とか、阪急と阪神の間の陸橋にいたな。
当時で50歳ぐらいに見えたから、朝鮮戦争かベトナム戦争の傷痍だろうな、きっと。

引用元: ・今じゃ考えられない昭和の生活◆2








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年04月16日 21:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事