utsu_girl-287x300

146: 名無しさん@おーぷん 2018/05/01(火)13:40:11 ID:ghO
親は昔は弟を溺愛していた
私だったら叱られることは弟なら叱られないし、弟だったら褒められることは私なら褒められなかった
人生って苦しくてつまらないものだとずっと思ってた



私にだけ課された制限と抑圧の中、空白の時間を家で恨みだけを抱えて過ごした幼少期は死ぬまで私を苦しめ続けると思う

でも幸いなことに弟はどうしようもないゴミだった
順位や偏差値がはっきり表れるようになってから、弟に対する親の態度は目に見えてぞんざいになっていった
昔だったら許されてたことが許されなくて「え?」って顔してる弟の間抜けな顔は何度思い出しても笑える

親の厳しい目が弟に向かうようになってからは私は楽しく過ごせてる。外に泊まっても何も言われなくなったし
失った幼少期は取り戻せないけど、それでもこれからの人生は楽しく生きていきたい

この前、弟がニュースを見ながら
「少子化は女がワガママになったから」「愛国心が足りないから」
みたいなこと言ってるところに
「あんたみたいなのが生まれたら逆に大損よ。国も親も」
って言って母が笑ってるの見た時、なんだかずっと胸に重く垂れ込めていたものが消えてなくなるのを感じた
楽になった今は、今までよくあの息苦しさに耐えてきたな自分って思う

引用元: ・【チラシ】雑談・相談・質問・ひとり言【もどき】 37








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年05月03日 17:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事