93

145: 名無しさん@おーぷん 2018/05/13(日)13:36:16 ID:Jk4
両親の食事マナーがすごく悪い。父は箸を正しく持てないし、両親ともに食事中に肘つくし、左手を出さずに食べる。
と言っても、家ではそれが普通だったので、自分も中学まではそんな食べ方だった。
中学の時、友人に「お前はホントに食べ方が汚いな」と言われ、それまで意識したこともなかった食事マナーというものを意識した。



「箸が正しく持てないのは恥ずかしいよ」とその友人に言われて衝撃を受け、友人に箸の持ち方を指導してもらい、
器を持つとか肘をつかないとか、基本マナーも教えてもらって、「食べ方が汚いと周囲は不快だよ」と言われ、また衝撃を受けた。
また、ちょうどテレビでギャル曽根さんが「大食いなのに食べ方が綺麗」と言われていて、それを見て「綺麗な食べ方」を勉強した。
中3の時、校長先生と給食を食べる機会があり、校長先生から
「あなた食べ方が綺麗だね、親御さんがしっかり教えてくれたんだね」と言ってもらえる程度にはちゃんとした食事マナーが身についた。
食事マナーというものを意識して、自分はその「食事マナー」が悪い、ということを自覚した時は衝撃的だった。
もう付き合いはないけど、あの時指摘してくれた友人にはすごく感謝している。

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その22








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年05月15日 17:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事