figure_devastated

191: 名無しさん@おーぷん 2018/06/09(土)17:51:35 ID:vpg
一仕事終えて、結構汗かいたので早く冷えた麦茶飲みたいと思いながら玄関を上がった瞬間
腹筋が攣り、まるでへそにブラックホールが出現したかの如く強制的に縮こまる最中、こむら返り発生、胎児のような姿勢になりつつ右腕が指先まで攣り始め、さながらショベルカーの折り畳み状態、そして極めつけに首左側面も攣った



これが一瞬で起こった、呼吸するのも苦しい状態で正直一瞬でも気を抜いたらしぬと思った
周りには誰もいないし、気合と根性と骨が砕ける覚悟のフルパワーで無理やり全身引き延ばした結果、気が付いたら病院のベッドで点滴打ってました
今日、爺さんの命日で土曜だから親族集まって宴会する予定で、両親と祖母は買い出し中に起こった事で、第一発見者は従姉、丁度俺が攣り始めたくらいに到着したらしく
従姉曰く「地鳴りみたいな声がしたと思ったら、家の中に水溜り(多分汗)があって、そこに俺が倒れてた。意識がないから救急車呼んで運んで貰った」
医者には「熱中症。ちゃんと水分取ってた?」と言われたけど、自分が汗っかきなのは十分分かってるから水分も塩分補給もこまめにしてたんだけどなぁ
二十代後半に入ってから、もしかして三十代への肉体のアップデート始まってる?

193: 名無しさん@おーぷん 2018/06/09(土)18:32:15 ID:T7y

10代から20になったときに怪我の治りが遅いって実感したろ。
それが30になったときも起こるぜ。

引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板62








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年06月13日 22:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事