心配_女性
979: 名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2016/10/23(日) 07:02:10.21 ID:MgzNwmbs.net
私自身が母にきつめだった。
というより父親に比べ一般常識がずれていて言っていることが説得力なかったから。




まあ見合いで社会人経験もなかった母だから当然だと、今なら思うけれど思春期の頃はそこまで見えてなかった。本気でバカじゃないかと思っていた。
だから私が落ち着いて弟が反抗期になったときクッション役を父親と一緒に果たしていたが、まあ話が通じない通じない。
自分がほぼほぼ絶対だと思って、みんな私が悪いっていう被害者意識を持ってた。

今は周りが大人になり、対等だから関係は良好。こんな母だけど子育てだけは誰よりも一生懸命で他の子に比べ過剰なほど手をかけてもらったという思いは私も弟もしっかり残ってる。

だから私はムスコの反抗期を今迎えているが、やることは放棄せずきっちり丁寧にやろうと思ってる。特に彼が望むことは全部。きっといつか理解してくれると信じられるからこそ。

自分が母になってやっと自分の母親の子育ては間違ってなかったと実感してる。

長文失礼しました。

980: 名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2016/10/23(日) 09:59:51.60 ID:d38jSQlh.net
>>979

当たり前だけど、自分の経験は、自分の子育てに影響するよね。

私も母親にキツかった。理由は、貧乏で子供に惨めな思いをさせているのに、父親のせいにして、母親自身は努力をしなかったから。

父親は稼ぎは良かったが、ギャンブルで使い果たす人だった。母親は無職だった。じいさんばあさんのいない、核家族。

私が社会人になるまで、何の呪文だと気が滅入るくらい言われつづけたのが「生活保護の方がどんなに楽か」体も悪くないのに何故か働く努力せずに生活保護と言う言葉が出る。

生活に支障が出ていたので「働けよ」と言えば、「働いている人は家にじじばばがいるからだ!」は?当時は共働きの鍵っ子いっぱいいました。しかも、働いている母親の事を「じじばばがいるから働けている」と何故か見下していた。

母親自身は年に数日の帰省でも父親の親と上手くやれないのに、何故同居している人を見下せるのか。

父親はもちろんダメ親だけど、そんな人と結婚したのは母親自身。父親はやりたい放題だから愚痴は言わない。母親は愚痴ばかり。

私は、子供に絶対貧乏させない(体を壊す、会社が倒産など事情がない限り)、夫の愚痴を息子に言わない、を決めている。

引用元: ・中学・高校生 反抗期専用スレ ROUND32








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年08月10日 11:19 ID:okusamakijyo

おすすめ記事