ファッ!?

79: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)11:44:33 ID:S8J
大学生の頃、とある居酒屋でアルバイトをしていたときに
すでに出来上がってるサラリーマン数名のお客様に話しかけれた。
地元はどこなの?とかいくつ?とか。
接客のたびに声をかけられ、まあ酔っぱらいによくあることだと思って、普通に対応していた。



そうすると、ずいぶんと私のことが気に入ったのか「就活が始まったら、うちの会社においで!人事やってるんだけどぜひ来て!」と
ありがたいことに名刺を頂いた。
ありがとうございます、とその場では名刺を受け取って終わりだったんだけど、
就活解禁してすぐ、まさかの先方からバイト先に「〇〇(私)さんという方はまだ働いていますか?」と連絡がきた。
すっかりそんなこと忘れていた私はクレームだと思い、ビクビクして電話を代わったら、
「あの時のこと覚えてますか?良かったらうちの会社に面接に来ませんか?」と逆スカウト。
その場で日時が決まり、あれよあれよと採用してもらった。
F欄私大の文学部だった私が、今まで大学の採用実績もなかったような大手会社に採用されたことが衝撃的。
本当にご縁とはどこに転がってるか分からないものだったのが衝撃的だった。

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その23








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年08月14日 16:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事