がっかり


487: 名無しさん@おーぷん 2018/11/12(月)16:35:19 ID:um2
数年前に自死した従姉の話。
私より16歳上の従姉は、ゴスロリ趣味でオタクでハンドメイドもちょっと出来て、
いろんな可愛いもの(レースのリボンだったりハンドメイドのネックレスだったり)を私にくれた。



色々なお土産を持ってちょくちょく家に泊りがけで遊びにくる優しいお姉さんが私は親戚のなかで一番好きだった。
いつものように遊びに来ていて居間で喋っていたあるとき、彼女の手が見てわかるくらい震えだした。
従姉は冷静にバックから薬を出して、シートから数種類の薬を出して一気に飲んだ。
私はだいぶ驚いて「体調悪いの、大丈夫なの」みたいなことを聞いたんだけど、「大丈夫、気にしないでね」と従姉は笑ってた。
大量の錠剤(といっても5,6錠くらいだったと思う)を決められた時間でもないのに飲むというのがその時の私にはとても奇妙な感じがした。
後からなんとなく知ったんだけど、従姉は学生のときに鬱かなにかになってから薬が手放せないような状態だったらしい。
精神的に不安定だった従姉は、私の母によく電話してきた。たしか月1回以上、電話で2~3時間喋っていた記憶がある。
母の方も従姉をよく気にかけていて、会うたびに細やかに気を遣い小さなこともよく褒めた。私はそれが不満だった。
私が小5でオタクデビューをしてからは、外に連れ出してもらうことが増えた。
アニメショップだったり、都心の服屋だったり、色々なところに連れて行ってくれた。
底辺オタクで友達の居なかった中学時代はそれに甘えに甘えてたけど、高校に入って友達が増えてバイトもするようになってから
少々従姉のことを煩わしく感じるようになっていった。
メールの返信を遅くしたり外出の誘いを断ったりして、それとなく従姉と距離を置いた。
私がちょっと距離を置いても、家には泊りで遊びに来ていたし、母と電話してたりはしてた。
私が就職してからしばらくした頃、従姉は死んだ。その頃には母への電話の数も減っていたらしく母は「もっと気にかけておけばよかった」と泣いていた。私は自死の知らせが届く数日前に遊びに誘われたのを断っていたので従姉の自死は自分のせいなんじゃないかと内心修羅場だった。
先日母とお線香をあげに行って、色々と思い出したので心の整理をつけたくて書き込み。
長文失礼しました。

引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板68








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年11月14日 12:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事