unhappy_woman3

586: 名無しさん@おーぷん 2018/12/11(火)03:00:30 ID:eUu
ちょっとオカルトみたいな姉の父への復習話
私らの父は家事育児一切やらずにATMとしても不出来だった
稼いできて家に入れるお金は月10万、残りは小遣い



母曰く、これは結婚したときにお互い家に入れると約束した金額で、その後子供が生まれようが出世しようが一切増額しなかった
私も姉も母の稼ぎで育ってきたようなもの
母が離婚しなかったのは、家に無関心すぎて私達に一切干渉してこなかったことと
今と違ってシングルマザーは立場が弱かったこと
そして養育費をもらえる宛が無かったので、10万でも無いよりましという判断から
ネットのない時代のことだからこんな判断になったみたい
父も日頃遊び歩いて家に帰って来ないから、私達にとっては他人のような存在だった
時々家に居るほうが違和感がある

そんな父方の祖母が亡くなった
父方の祖父は父が10歳くらいの頃に酔っ払いに殴り殺されて他界してたから
祖母の遺産を父と父の兄二人とわけることになった
ところが父は兄二人に丸め込まれて遺産放棄して帰ってきた
長兄が障害児を抱えており、祖母と同居(障害児の面倒を祖母に見させてた)
次兄は商売が上手くいかず借金苦
俺は兄貴たちのために放棄したんだとカッコつけて宣言
母は激怒したが、父はネットでつけた知識で「俺の遺産にお前は口出す権利はないんだ」とドヤ顔で宣言してきた
どっかに書き込んでアドバイスを貰ってたらしく、「そんなこと言うなら離婚だ」と脅してきた
母は常々小遣いを貯めるでも無く浪費する父の老後を心配していたため、遺産の件で怒ったのもそのため
父はそのとき53歳だったが、貯蓄はゼロだった
母は老後の貯金をコツコツ溜めており、離婚してその貯金を持っていかれることを恐れた
本当なら私と姉が就職し、父の退職金が出たときに離婚する手はずだった
しかし、姉は母に「相手が離婚を仄めかしてる間に離婚して」と言い出した
貯金を持っていかれないよう、姉は母のためにネットで相談しながら秘密裏に準備を進めていた
結果、父55歳のときに離婚成立
母の貯金は姉名義の通帳に溜めて、ヘソクリとして隠し通したため、貯金をとられることもなかった
そして離婚が成立したわずか一ヶ月後、父は脳梗塞で倒れた
職場で倒れたため一命をとりとめたが、大きな障害が残った
母に助けを求める連絡がきたが、離婚しているので母はもう他人
姉も私もまだ学生だったので、父の扶養なんて無理
貯金もない父は翌年会社をクビになった
国の制度を利用するにも役所に行って手続きをしなければならないが、父は識字障害も出ており、自分の名前すら読み書きできなかった
その後どうしたのか知らない
倒れてすぐ、姉と邪魔な父の荷物を病院まで届けたが、そのときに親族だからと話をむりやり聞かされたことが私と姉が知る、父の最後の情報
病院で医者から説明されても、言葉の意味も理解できない状態だった
それなのに人間としてのプライドだけは一人前に残っているらしい
遺産をもらっておけばその数千万で施設にも入れたろうに、馬鹿な人だった

姉が母の計画を壊してまで離婚を推し進めたのは、「父が数年以内に倒れる兆しがあったから」だという
遺産話しのすぐあとから姉は頻繁に「あの人定年まで働くなんて無理」とこぼしていた
母も私も父との接触は少なかったが、その少ない接触では特に変わったところは無かった
だけど姉は確実に数年前から父には倒れる兆しが確実にあったと断言している
そのときに病院にかかっていれば頭は詰まらなかっただろうとも言っていた
しかし、父は毎年の健康診断で何一つ引っかかることはなく
脳梗塞も、会社で異状なしをもらってすぐのことだった
血液検査にも出ないのに、脳梗塞ってそんな何年も前から前兆があるものなんだろうか

587: 名無しさん@おーぷん 2018/12/11(火)03:43:04 ID:fMV

お姉さんは嗅覚がめちゃめちゃ鋭くて
久々に会った際に父親から数年内に倒れる人の体臭を嗅ぎとってたのかも
とか適当なことを書いてみる

591: 名無しさん@おーぷん 2018/12/11(火)07:15:37 ID:acW

別れた元妻や学生の子供があてにならないなら、役所から実の兄弟の所に連絡が行ったでしょうね
自分達の為に相続放棄してくれた弟の為に、きっと伯父さんは感謝して面倒見てくれるでしょう
だから気にする事ないよ

引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板69








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年12月13日 16:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事