unhappy_woman5

97: 名無しさん@おーぷん 平成27年 02/02(月)02:21:16 ID:XEl
携帯小説が流行っていた中学生の頃

父が仕事場から持ってきたパソコンにオリジナル小説を書いてWordに保存していた(もちろん父には内緒でみんなが寝静まった後、こっそりと書いていた)




その小説というのも、当時の流行りの影響で、恋愛モノ、しかも主人公が病気にかかり…などというベタ〜な切ない恋の物語()だった。
それを書いている時の私は、「中学生にして期待の新人!」「突如現れた謎の文才」などとチヤホヤされるのを想像しながらニヤニヤと書いていた。
将来は小説家か……悪くないな、でも、匿名のままやってくのもいい……などと妄想が膨らんでいた。

そんな小説を綴っていたある日、学校から帰ってくるとパソコンがなくなっていた。
母に聞くと、父が会社に持ち帰ったとのこと。

その時は また書き直しか…… などと思っただけだったが、今考えると心がバクバクする。ちょっとアダルティなシーンを入れ込んだことも思い出してヤバイ

ちなみに父からは何も言われませんでした…。見つかっていないことを願う。

引用元: ・中二病だった頃の黒歴史晒してけ








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年04月22日 18:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事