obaasan02_angry
55: 名無しさん@おーぷん 17/05/26(金)16:43:32 ID:???
この場を借りてグチらせて頂くわね
なんだか一人じゃ涙の収拾がつかなくなっちゃったの

婆のお友達のお子さんが結婚なさってね、お相手の方がとてもかわいいって褒めるのよ
その方、娘さんの旦那さんもすごく褒めるのよね
で、婆も昔のことを思い出しちゃったの
もう亡くなって随分経つ婆の母の言葉が棘の様に刺さって見ないフリしてたけど幸せそうなお友達を見て、婆も母にこんな顔をして欲しかったなとグリグリ抉られるのよ




それはね、爺についての言葉なの
若かった爺は親戚の年上の方に評判が良くて、マメで、悪い人じゃないのよ
ただちょっとノリが田舎で合わない人もいるかもしれないそんな人なの
交際の挨拶に行ったときも結婚の挨拶に行ったときも…両家の顔合わせでも言わなかったけど婆に男児が生まれて初めて言われたの
あの男の血が流れてると思うとおぞましいから今後顔を出さないでと
父はその時既に亡くなっていたから何でもしてくれる爺が妬ましかったのかもしれないわ
でも実の母に鬼のような顔をされて…孫の顔すら見たくない
あの男(爺ね)、初対面から大っ嫌いよって言われて何も言い返せなかったの
爺もその場にいたから不本意ながら聞かせてしまったわ
自宅に帰って爺に変えていく努力はするけれど、もうあの感情は覆せないかもしれない
もしそうなったときも今のままなら君の家族は戸籍上この三人だ
母と相容れられなくても大丈夫か確かめられたの
婆はそのとき爺と子供を選んだわ
近付く努力はしたけれど結局婆の妹に母は危篤でも死んでも我が家に連絡はしないように言い残して亡くなったの
妹もそれを守って葬儀が終わって相続時に全放棄の印をくれとだけ連絡してきたの

婆は子が連れてきた人が例え気に入らなくても、犯罪に関わったり子の苦労が見えるような人でない限りは墓まで持って行くわ
あんな思いは子にも相手にもさせてはならないの

母の別離の言葉のあと孫の写真が見たいと一度言われたわ
素直に婆は子が遊んでいる写真を送ったの
すぐに封書で何か送られてきたわ
…写真の燃えカスよ
何の写真家わかるように全部は燃してなかったわ
それ以来、婆も連絡が取れないようにしてしまったの

長々とごめんなさいね
どうしても吐き出したくなってしまったのよ

56: 名無しさん@おーぷん 17/05/26(金)17:08:30 ID:???
>>55

そんな作り物の悲劇みたいな事が本当にあるのね・・・
なんなんだろうね・・・
以前、姑さんにいろいろ意地悪されて、どうしてそんな事をしたのか問い詰めたら
昔自分を虐めた人(確か)とお嫁さんがそっくりで、顔を見ると意地悪したくなるって。
まあ、その顔にトラウマだったって話だけど、お母さまにも、そんな過去があったのかもね。
そうじゃなきゃ、そんなに人を嫌いにはならないと思うのよ。
極端な話、親の仇とか婦女暴行犯とか、それ位の憎悪を持った相手とよく似ていたのかも。
そうなると、たぶんお母さまもそれなりに苦労したんだと思うわ。
それでも結婚するなとか離婚しろとか言わなかったんだから、あなたの幸せを願ったのよ。
きっと好きになろうと努力したけど、ダメだった、あなたや旦那様、孫を傷つけたくないから
距離を空けたのかも。
写真のような事を孫にしてしまうかもしれない、と思うととても怖い事だもの。
きっとそれが最善だったのだろうし、今、55婆様が幸せなのならそれでいいじゃない。
その点では、生理的に自分は婿を受け入れられなくても、大事な娘を任せられると
信用してくれていたんじゃないのかしらね?

58: 名無しさん@おーぷん 17/05/26(金)17:22:30 ID:???
>>56

爺の性格や得意分野が婆の父にそっくりなのよ
父も凄く話が合うから嬉しいって言ってくれていたの
だから反対って言えなかったんですって
父が逝って重石みたいなものがなくなったのね…きっと
母は父がいないと何もできないような人で電球が切れたと高速1時間の距離の婆に電話して爺を呼んでたもの
樋が詰まったやら何やら…爺は嫌な顔もせずに通ってくれてたのよ
孫が生まれて見せに行ったらそれで何も言えなかったわ

あれこれ呼びつけてたのに、最初から嫌いだったとは思えないの
だから余計苦しいわ

59: 名無しさん@おーぷん 17/05/26(金)17:26:56 ID:???
>>56

読み落としてたわ
離婚しろとは言われたわよ
婆が大病を患った折りに爺が病原菌だと…本当は遺伝性だから爺は全く関係ないの
母を距離を置いていても親戚伝いで伝わるものなのね
見栄っ張りな人だったから縁を切ったことは親戚に言わなかったのよ

60: 名無しさん@おーぷん 17/05/26(金)17:44:54 ID:???
>>55

きっとお母様はお姫様気質の方で、自分の周りに仕えてくれる人間が減っていくことに耐えられなかったんでしょう
娘婿は娘を奪っていった大悪人でどんな男性であっても憎まれたんだと思うわ
孫も娘の愛情を自分から奪う存在だったんでしょう
歪んではいるけれどそれが55婆への愛情だったんだと思うしかないような気がするわ

ともかく、狭い自分の考えから抜け出せない人って結構いるものよ
うちの亡くなった母に言いたい文句は婆にもあるけど、もうそういう人だったんだと思うしかないの
辛い思いが蘇ってお気の毒だとは思うけれど、過ぎた嫌なことは葬るしかないわよね

61: 名無しさん@おーぷん 17/05/26(金)18:22:31 ID:???
>>60

そうなの
死んでしまった人に今更言っても仕方がないのは重々承知しているわ
けれど…ジクジクと痛んでしまったのよ

母は自分が中心にいたい人間であったのは確かね

ほんわか婆スレに毒をまいてしまってごめんなさい

62: 名無しさん@おーぷん 17/05/26(金)18:28:49 ID:???
>>61


婆はどんなもっともらしい分析も推測もできないけれど
61婆に寄り添いたい気持ちでいっぱいよ 抱きしめてあげたいわ
胸が痛い
何もできないけれど、61婆の傷が癒されますように
画面越しに精一杯の祈りをおくるわ

63: 名無しさん@おーぷん 17/05/26(金)18:45:40 ID:???
>>62

ありがとう
きっと棘が抜けることはないだろうけど、幸せな道を選んだと信じて生きていくわ

引用元: ・■□■ チラ婆のチラシの裏 ■□■ part.12






このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年06月14日 18:49 ID:okusamakijyo