ring_couple
97: 名無しさん@おーぷん 17/05/29(月)20:26:34 ID:???
新米の婆よ、失礼があったらごめんなさいね

婆ね爺と10年間付き合って、ようやく結婚したの。
結婚しようってなったのはお正月に実家に帰省する間際に
婆が爺に聞いたのよ、もう10年付き合ってるけど私と結婚する気あるの?って。
そしたら爺が言ったの、婆がしたいなら良いよって。




婆がしたいならって何よって思ったわ。爺の主体性はどこにあるのよ。
でも婆は爺が大好きだったからじゃあ結婚しましょうってなったの。
それからは大変よ。
両親への挨拶はどうするの?→婆のタイミングに合わせるよ
新居はどうする?→婆の好きな部屋で良いよ
苗字はどっちにする?→婆の好きにしたらいいよ
全部婆の好きにしていいって…
だからまた何よって思ったし爺は優柔不断なだけで結婚だってどうだっていいんだわって思った。

でもね、本当は違ったのよ。
そもそも結婚なんて周りを巻き込む重大なイベントを好きにさせるわけがないのよね。
結婚準備で色々とやることがあって悩んでいた時に爺が言ったの。
「ゆっくりで良いよ、考えすぎないで。ちょっとずつ進めばいいんだから。どうしても解らなくなったら僕が決めるから大丈夫だよ」
爺は主体性がないわけでも優柔不断なわけでもなくて、ただ婆がしたいようにさせてあげようって見守ってくれてただけなの。もちろんそれが合わない人だっているとは思うわ。

婆はなんていうか、飼い主の前を歩きながらも前を見ずに飼い主ばっかり見上げている犬のようで、爺はその飼い主っぽいの。危なくなったらそっと軌道修正をしてくれる、守ってくれる感じなの。
そんな爺だから婆は好きなように生きていられるし、これからもそうなんだと思うわ。

長くなったうえに中身のない文でごめんなさい。
ずっと憧れていて、ようやく書き込んだのよ。

99: 名無しさん@おーぷん 17/05/29(月)20:38:58 ID:???
>>97

>>97

あらまあ素敵なお話ね
包容力がある爺なのね、羨ましいわ
そこに気がつけた婆も爺の伴侶としてふさわしかったのだと思うわよ
その気持ちをいつまでも忘れないでお二人の人生をしっかり歩んで行って欲しいわ
どうぞ末永くお幸せに

引用元: ・■□■ チラ婆のチラシの裏 ■□■ part.12








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年06月14日 23:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事