necchusyou_face_girl4
903: おさかなくわえた名無しさん 2019/05/08(水) 11:28:37.00 ID:/31l5M3R.net
中学生の時、音楽や歌うことが好きだったのに、通信簿で音楽の評価が良くなくて悩んでいた。
どんな先生もお気に入りの生徒がいるように、音楽の先生も自分が顧問の吹奏楽部の生徒には特に良い評価をしているように思えて仕方がなかった。
(私は違う部活に所属していました。)



性格や人当たりに問題はなかったので別に先生のことは嫌いではなかったが、
どんなに頑張っても音楽の評価が上がらなくて、なのに吹奏楽部に所属してる友達はいつも一番高い評価だったのもあって悲しさの方が大きかった。
それでその友達に、相談なのか愚痴なのかわからないけど
「あの先生は吹奏楽部の子には優しいけど、そうじゃない子は評価してくれないよね。どんなに頑張っても音楽の評価上がらないし、私は先生に嫌われてるのかも。」と話しました。
その友達は「そんな事ないよ!先生はみんなに優しいよ!私ちゃんのこともきっと嫌いじゃないよ!」と言った。
その子は先生をとても慕っていたし、とても優しい子だから、そう答えるのも当然だった。
そして天然な子でもある。

その時、不運にもその音楽の先生が少し離れたところを通りかかった。
その子は先生を見つけるなり「せんせ~い!!」と走って行ってしまった。
この子は天然だから、きっと素直に今のことを話してしまうんじゃないかと、やばいと瞬時に悟った。
私もすぐに追いかけてたどり着くと
「先生は私ちゃんのこと好きですか!?好きですよね!?」と言い放った。
先生は困ってタジタジになりながら「・・もちろん!先生はみんなのことが大好きだよ!」と言っていた。
完全に誤解された。
私は恥ずかし過ぎて何も言えなかった。
友達は嬉しそうに「ほらね!?ね!」と笑顔だった。

その後、先生と気まずくなったのは言うまでもないけど、
友達のあまりの天然さに衝撃だった。

906: おさかなくわえた名無しさん 2019/05/08(水) 12:36:32.78 ID:wCC8VF4Q.net
>>903

今もその友達は性格変わってなかったら
回りは大変だろうな
912: おさかなくわえた名無しさん 2019/05/08(水) 15:15:17.39 ID:/31l5M3R.net
>>903

書き忘れたので補足。
音楽の先生は男性です。
話の流れでわかるかもですが、一応補足しておきます。
914: おさかなくわえた名無しさん 2019/05/08(水) 15:22:13.55 ID:rnifRUtI.net
>>912

吹奏楽の子に優しいんじゃなくて、可愛い子に優しいんだよ

916: おさかなくわえた名無しさん 2019/05/08(水) 17:54:02.48 ID:wPhiQdEz.net
>>914

やめたれw

917: おさかなくわえた名無しさん 2019/05/08(水) 18:04:08.21 ID:PdTVd5y4.net
>>903

ただ単に吹奏楽部と一般生徒で出来が違ったんじゃないの?
しかも一般生徒はどこが違うかさえ分からないレベルだったと

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 177度目








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年06月24日 19:19 ID:okusamakijyo

おすすめ記事