unhappy_woman4

705: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2011/02/10(木) 20:06:11 ID:tsudvLc8
憧れの先輩に二人きりのカラオケに誘われた。
2時間くらい歌ったところで先輩が「疲れた」と言うので休憩。
世間話程度の話をしていたら「どんな漫画が好き?」と聞かれたので
「少女漫画とか…」と答えたら、先輩が「私ちゃんはロマンチストなんだね!」と目をキラキラさせて言った。


ポカンとする私に構わず先輩は「女の子は料理が得意であるべき」「女の子は掃除好きであるべき」ということを物凄い早口で喋り始めた。
「はぁ、そうですね」と生返事していたら、急に先輩が向き直って「女の子ならお姫さま抱っこされたいでしょ?」と。
否定すると、「そんなはずはない。女の子には必ずお姫さま願望がある。恥ずかしがらなくていい」と熱弁。
喧嘩はしたくなかったので「そうかもしれませんね」と言った途端に先輩、パァァっと笑顔に。
そして「じゃあお姫さま抱っこしてあげるよ!」と、先輩がにじり寄ってきた。

先輩は私より30センチくらい背が高いし、覆いかぶさるように来られて逃げ場がない。
「私は重いから無理ですよ!」と言っても「筋トレが日課だから大丈夫」と聞かない。
腰に手を回されたところで本気で背筋が凍り付いたので、先輩のお腹辺りを蹴りまくってなんとか逃げた。

後から他の先輩達に聞かされた話、先輩の理想は「年下で小柄で黒髪ロングで大人しくて家庭的でスカートが似合って、誰とも付き合ったことのない純粋な子」
私は好みど真ん中だったようで、周囲には「絶対に私ちゃんを彼女にする」とも言っていたと知って、完全に恋が冷めた。

708: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2011/02/10(木) 23:22:52 ID:Ub4OnDbP
>>705

その男きもちわるっ

引用元: ・百年の恋も冷めた瞬間!110年目






このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年07月17日 13:19 ID:okusamakijyo