pet_cat_woman
780: 名無しさん@どーでもいいことだが。[sage] 04/03/15 23:30 ID:m7/7Vuve
数年前の話。
上の娘がインフルエンザで高熱を出して、家中バタバタしていた。
のんびり寝てる飼い猫に、旦那が「こんな大変な時にお前はのんきだな」と言った。

そしたら猫は外へ出て行って、しばらくしてネズミを咥えて戻って来ますた。
悲鳴と共に外に放り出したけど、その時は意味が分からなかった。

数日後、下の娘にもうつって発熱、またバタバタしていた。
すると猫は、大きな鳩を咥えて帰って来た。

そこでやっと、「猫のお見舞」だったことに気がついた。
最初のネズミで叱られたので、「モットオオキイモノナラヨロコバレル」
と考えたのかもしれない。

あの小さな頭の小さな脳味噌で、一生懸命考えたんだろう。
そう思うと可愛くてならない。



781: 名無しさん@どーでもいいことだが。[sage] 04/03/15 23:38 ID:pSvliCFY
>>780

ああ~猫タンも何かしなきゃって思ったんですかね

うちも良くハトを捕まえてたなー
狩りも出来ないダメポな奴と思われてたんだろうか

784: 名無しさん@どーでもいいことだが。[sage] 04/03/15 23:49 ID:zpIWBLZv
>>780

すごい和むー!

引用元: ・あなたの心がなごむとき~第12章






このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年09月03日 21:49 ID:okusamakijyo