neko_punch
936: 名無しさん@どーでもいいことだが。[sage] 04/08/22 01:00 ID:UiayTOvg
数年前、飼い猫が亡くなった。死因は老衰。16歳の爺ちゃん猫だった。
真っ黒で手足の先っぽだけ白い、「足袋猫」だった。

亡くなったとき、心底泣きに泣いて、仕事も手につかなかった。
葬式も挙げたけど、心の中で告別できないでいた。恋人を引き摺るみたいに、ずっと引き摺っていた。

亡くなった次の寒い冬の真夜中、不思議な体験をした。自分は血圧が激低くて、寝ると一度も夜に起きない。

一つの場合を除いて。

猫が腹に足で乗ると、流石に「重いよコラ」って感じで意識が戻る。降りたのを確認するとまた寝る。



その日は寒かったので、羽毛布団フル装備、完全防御体制で寝てた。それなのに、俺は夜に目が覚めた。
超寝ぼけてるから、状況の確認なんざ出来ない。でも、いつもの様に対応した。

「重いよ。○○。(猫の名前)」『……。』「降りなさい。」『にゃあ。』「…ん。よし。…いってらっしゃい。」『にゃあ。』

これだけ。たったこれだけ。覚えてるのはこの会話と、腹に刺さる重みと、夜闇の中の白い足だけ。

次の日に思い出して、泣いた。自分の不甲斐なさにも泣いた。絶対アイツは、俺に渇を入れに来たんと思う。

940: 名無しさん@どーでもいいことだが。[sage] 04/08/22 01:47 ID:lugo1B8F
>>936

夢だか幻覚だか知らないけれど
それがきっかけで元の生活を送れるようになったのなら良いことだ

引用元: ・あなたの心がなごむとき~第14章








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年09月12日 21:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事