pose_kandou_woman
401: 納言 2006/12/03(日) 01:01:34 ID:k4uQddxC
Aジャンルで一緒に活動している相方が、Bジャンルにはまった。
自分は自分で、Cジャンルにはまった。
2人で話す時はAジャンルの萌話がほとんどだが、
互いのサブジャンルの布教もしまくる日々。

昨日、冬コミ用のAジャンル合同誌の編集に相方宅へ。
ノンブルをチェックしていたら相方が何故か恥ずかしそうな顔で
「これ、見てくれる?」と原稿入った封筒を渡してくれた。
中身は、相方に熱く語ったCジャンル一押しカプのマンガだった…!
嬉しすぎて挙動不審になりながら、深夜まで2人で熱く語り合った。
幸せだった。

でも、夕べ言い出せなかったことが一つ。
実は、自分も相方の熱い語りと本からBジャンルが好きになっていた。
そこで、こっそりBジャンルの本を入稿しちゃったんだ。
冬コミ当日の搬入で驚かせようと思ってさ。
「喜んでくれるかなー」「事前に言っといたほうがいいのかなー」と
現在激しく葛藤している。



402: 和んだ[sage] 2006/12/03(日) 01:15:59 ID:dE+hYWYM
すげー!何かいいなあ…

403: 和み 2006/12/03(日) 01:18:20 ID:/EhMnStc
>>401

相方さんがBジャンルの本みたときの反応を想像してまた和むー。

引用元: ・あなたの心がなごむとき~第33章








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年09月14日 09:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事