ojiisan
841: なごみ[sage] 2006/12/29(金) 12:24:14 ID:QrK0L9f70
わが町の民俗資料館には、「じぃじ」の愛称で呼ばれる
名物係員さんがいる。
幼稚園児くらいのおチビがたくさん、そこを根城にして遊んでいる。

そのじぃじが大変可愛らしいバッジを胸につけている。
「お孫さんのプレゼントですか?」ときいたら、
おチビさんたちが、じぃじは大人だからクリスマスにプレゼントをもらえないと
思い、プレゼントしてくれたのだそうだ。

おチビたちは、親にも幼稚園の先生にも教えてもらわない大切なことを、
じぃじに学んでいる気がした。

惜しむらくは、じぃじは来年で引退だということだ。
つぎのじぃじも、こんな人だといいな。




842: なご[sage] 2006/12/29(金) 14:28:11 ID:4yk61p7b0
>>841

和むっつかすっごいほろりときた…
涙で画面が見えないよ
じぃじ幸せだね、じぃじ

843: なご[sage] 2006/12/29(金) 16:16:12 ID:eFzlvscKO
>>841

幸せなじーじ、サンタさんみたいだね。
近所の子供達から慕われていたおじいさんが死んで、そのおじいさんがサンタに生まれ変わった話を思い出したよ。

引用元: ・あなたの心がなごむとき~第33章








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年09月18日 10:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事