pose_zetsubou_woman
33: 1/2[sage] 2013/10/02(水) 03:28:47.93 i
小学校低学年の頃、一ヶ月ほど母が家出したのが最大の修羅場。長文注意。

両親は三つ下の弟が産まれてすぐ離婚しており、自分達は母に引き取られた。
数年後に母は再婚。相手は某会社の設計士というエリート。母の為に海に近い新築の戸建を購入、おまけに養子縁組も快く組んでくれる、誰もが羨むような義父だった。

しかしこの義父が地雷だった。
リモコンや引き出しの中の小物の並べ方、フローリングを傷付けない歩き方、シャツのアイロンの掛け方などへの細かいダメ出しは日常茶飯事。
義父は通勤に電車を使ってたんだが、残業が多く終電に間に合わないことも多々あった。その時は義父より朝早く起き、家事をしてから仕事に行かなければならない母親を夜中に電話で起こして迎えに来いと言う(所用時間は往復で2時間ちょい)。
そんな深夜に晩飯を作れだとか、仕事の愚痴を聞けだとか、自分が寝るまで寝るなだとか、色々言われてたらしい。
他にも子供はソファに座るなとか、障害持ちの弟への接し方、子育てに対する意見の食い違いなど、義父と母は何かと衝突することが多くなった。
怒鳴り合いは毎日聞くし、泣いている母の姿も何度か見たし、母と喧嘩したあとは自分達に八つ当たりしてくる義父が怖くて嫌いで仕方なかった。

そんな生活が続き、やがて母は鬱病にかかり休職。家にいても何もやる気が起きず殆ど寝ている母。それに怒る義父。何も出来ない弟。
自分はどうしたらいいか解らなかったし、誰かに相談も出来ず、ただ耐えてた。自分が泣いたら母も余計辛いだろうからと見えないところで泣いてた記憶がある。



34: 2/2[sage] 2013/10/02(水) 03:29:12.16 i
それから暫くして、母は急に帰ってこなくなった。本当に突然だった。
携帯も繋がらない、親戚に連絡しても何も知らないと言われる…義父も相当参ってたし修羅場だっただろうなと今では思うが、当時は義父のことなんか考えられなかった。
義父は仕事で殆ど家にいなかったので広い家に一人という心細さ、飯もろくに食べられない、そんな状況でも八つ当たりしてくる義父の鬱陶しさ……爆発しそうだった。
一時は自分も何処かへ逃げようか、義父を殺そうかとまで考えた。義父を殺せば母も戻ってきてくれるかな?なんて思ってた。
でも自分が逃げたら何も出来ない弟を一人残すことになる。こんな義父のところに弟を残していけないと思い、逃亡はやめた。
いつか母が帰って来るのを、弟と二人で信じて待ってた。

突然の家出から一ヶ月ほどで母は帰って来た。父のいない時間に。
そして自分と弟を連れて逃げるようにまた家から出た。正直ホッとした。
その時も色々あったけど長くなるので割愛。


その後は何があったか未だに詳しく聞いてないけど、母と義父はもめにもめた末に離婚。初婚時に暮らしてた町へ戻り、今もそこで暮らしておりもう十年になる。
ここに戻ってから今までも母に内縁の夫が出来たり、妹が産まれたり、内縁の夫がくも膜下出血で倒れたり他にも色々なことがあった。
でも、母がいなかったあの一ヶ月の方が色々あった十年より辛かったので何とか乗り切ってきた。

今年に入って実家にまた新たな修羅場が発生したので記念(?)にカキコ。
長文失礼、読みにくかったらごめんなさい。

36: 名無しさん@HOME[sage] 2013/10/02(水) 04:32:56.03 0
ハズレ男にひっかかる嗜好でもあるのかな
病気にまで追い詰めた2番目の夫が一番腹立つ

35: 名無しさん@HOME[sage] 2013/10/02(水) 03:40:02.84 0
誘い受け要らないし、ほぼ母親の修羅場だよね

37: 名無しさん@HOME[sage] 2013/10/02(水) 06:22:00.72 0
>>35

あのさぁ…勿論母親にとっても修羅場だけど
>>33
の修羅場であることは間違いないだろ

43: 名無しさん@HOME[sage] 2013/10/02(水) 07:37:29.13 0
>>35

お前は自分の母親が1月もいなくなっても修羅場じゃないのかよ…どんな家庭だ

引用元: ・今までにあった最大の修羅場 £95






このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年09月23日 20:19 ID:okusamakijyo