syokuji_blank_man
420: ↓名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)18:06:59 ID:3t.np.L1
よく男は母親の味を求める的な話を聞くしCMで男が料理しながら「お母さんの味にならない」と悩むのがあったしそういうものなんだなと思ってた
うちの夫はよく料理をするんだけど和食の出汁は骨やヒレが混じった濃厚な出汁が取れる業務用削り節やイリコや粉末昆布を使ってむせ返るくらい濃厚な出汁を取り
かなり出汁のきつい味噌汁やうどんそばや各種煮物を作る
お肉の煮込み料理を作る時は鶏の手羽元ばかり使うし鶏皮で鶏出汁を取ったりも良くする。カレーも肉じゃがも鳥の手羽元がメイン(焼く料理の時は牛も豚も使うけど)
またおひたしはほうれん草よりモロヘイヤを好み、ゴーヤ料理をよく作る
カレーは辛口が好き
すき焼きは関東風が好き
豆腐に炙った味噌を塗ってお酒のおつまみにしたりする
美味しいことは美味しいけど変わった料理を作るなと思ってて、そういう料理の家庭で育ったのかなと思ってたんだけど
婚約を気に彼の実家で義母の料理を食べる機会ができたけど、義母は大阪出身でその料理はオーソドックスな関西風の上品な味付けがメイン
出汁は普通の鰹節と昆布で取ったあっさりめの味付けだしカレーは野菜で出汁を取った甘めの味付け
肉じゃがやカレーのお肉は牛肉がメイン
鶏を使う時はモモ肉メインで手羽元は唐揚げくらいにしか使わない
すき焼きは関西風
豆腐に味噌を塗ることなんてないしモロヘイヤもゴーヤもあまり使わないとのことだった

義母と夫の料理はどちらも美味しいけど内容が全然違う
不思議に思って夫に聞いてみたところ子供のころは義母の料理が大好きだったけど思春期あたりからオーソドックスすぎて物足りなくなってきたらしい
そこで大学進学で一人暮らしを始めてから自分の好みの味付けを模索していったところ今の味付けになったとのことだった

母親がメシウマでも大人になってから母親の味から好みが離れてしまう男もいるんだなぁとちょっと驚いてしまった

とはいえ夫は私の料理の味付け(オーソドックスな関東風)にも文句は言わず美味しいと言ってくれるし義母の料理も美味しそうに平らげる
外食しても単純に料理の出来が悪いとかでない限りなんでも美味しそうに食べる
偏食はほとんどなくてなんでも美味しがるのにそれでも独自の変なこだわりがあるのが面白い



426: ↓名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)21:27:26 ID:6W.ro.L1
>>420

バリエーションに富んだ食生活で楽しそう

434: ↓名無しさん@おーぷん 19/10/14(月)01:45:35 ID:1r.b4.L1
>>420

母親の料理は小さい子供の舌に合わせてることも多いから
子供が成長して舌が大人になると母親の料理の味が(美味しくても)好みに合わなくなることもあるな
俺は小さいころは辛い味が苦手で母親もそれに合わせた甘口のカレーをよく作ってたけど
大人になると俺は辛いカレーが好きになって母のカレーが嫌いではないけど好みには合わなくなってしまった

引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板80








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年10月15日 14:19 ID:okusamakijyo

おすすめ記事