bikkuri_me_tobideru_man
554: なごなご[sage] 2009/03/27(金) 21:04:45 BE:2925029298-2BP(0)
道路を挟んだうちの家の前には、溝?がある。
幅は狭いが深さは数メートルある

溝にはむき出しの水道管らしきもんが何本か通っている。
がんばれば、それを伝って下まで降りれるようになってる。
ときどき小学生も遊んでる。

この前、家に帰ると、溝を覗き込んでる兄ちゃんがいた。
兄ちゃんは、何を思ったか溝の中に降りていった。



俺は、びっくりして慌てて覗き込んだ。
すると、兄ちゃんは何か黒いもん抱えて上ってきた。
兄ちゃんは、泥まみれの子猫を抱えていた。

家の前だったので、俺はお湯とタオルを貸した。
子猫は、おおむね綺麗になった。

あいにく近場に動物病院は無い。
兄ちゃんは、自分の車に猫を乗せて遠くの動物病院へと去っていった。
助けた猫は、兄ちゃんが飼うそうだ。

元気で暮らせよ、猫。

555: スペースNo.な-74[sage] 2009/03/28(土) 01:26:00
>>554

ええ話や…

引用元: ・あなたの心がなごむとき~第50章








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年10月15日 22:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事