face_smile_man5
623: スペースNo.な-74[sage] 2009/04/07(火) 00:06:43
2年ほど前の話。
当時、病気で薬を飲んでた。
少し強い薬で飲むとつらくなったが、飲まないわけにもいかない。

ある日、薬の効きすぎか、ちょっとつらかった。
けど、どうしても買い物に行かなきゃならない。
「ちょっと体調悪いけど、そんな遠くないし」と、買い物に出かけた。

でも、途中で雨が降り出したこともあり体調悪化。
まっすぐ歩けず、視界がぐらぐら。
ついに路上にへたり込んでしまった。

周りからは「うぜーw」って目で見られるし。
体調悪くてぜいぜい言うし。
「そんなに歩いてないし帰ろう」と、立とうとした。

そのとき後ろからリーマンが声をかけてくれた。
カサに入れてくれた上、空いた腕で支えてくれた。
しかも、一番近い場所にある店まで送ってくれた。

店に入ると、店員さんにタオルを借りてくれた。
店員さんも、電話を貸してくれたり。
ずっと側に居てくれたり。

さっきまで「うぜーw」って目で見られてたぶん、余計に優しさがしみた。
調子が悪かったし、恥ずかしくて言えなかったけど。
ちゃんと「ありがとう」といえばよかった。

その後、病気は無事に治った。
リーマンの優しさと店員さんの心配そうな顔。
思い出すと、申し訳なさと感謝の気持ちがあふれる。
世の中、悪い人だけじゃないんだって思えた瞬間だった。



624: スペースNo.な-74[sage] 2009/04/07(火) 00:30:03
>>623

定番の返しで申し訳ないけど、
今度体長悪くてつらそうな人を見かけたら
自分がしてもらったのと同じくらい優しくしてあげるといいよ

625: スペースNo.な-74[sage] 2009/04/07(火) 11:38:26
>>623

よかったね。
いい話だな思ったよ。
具合の悪い人に声かけるのって仲々勇気がいるけど、
その時にはこの話思い出すよ。

626: スペースNo.な-74[sage] 2009/04/07(火) 12:37:02
>>623

>世の中悪い人だけじゃないんだって思えた瞬間だった。

今まで世の中悪人ばっかりとか思ってたのかな。
誤解が解けて良かった。

引用元: ・あなたの心がなごむとき~第50章








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年10月19日 22:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事