ojiisan
153: スペースNo.な-74[sage] 2009/08/09(日) 19:11:52
コンビニで働いてるんだが、ちょっとミスをしてしまった。
客に散々怒られるわ、店長を困らせてしまうわ。
落ち込み半分、苛々半分だった

その直後、65歳くらいのニコニコしたおじちゃんが来た。
「コピー1枚お願いできますかねえ?no title
↑まさにこんな感じの顔でお願いされたんだ。

正直、ミスの件もあってウツウツしてた。
だから「たかがコピー1枚で呼ばないでくれよ…」と思った。
でも、仕事だし接客笑顔で引き受けて、さっさと終わらせた。

すると、おじちゃんものすごく感動した。
「すごいなあ、こんなに速くできて!
もしかして魔法使いか何かなん?no title
とか言い出した。

あまりに素敵な発言に、さっきまでの苛々が全部すっ飛んだ。
むしろなごみ&萌えすぎて死ぬかと思った。

その後、私が台車を外に出そうと思って押してると。
そのおじちゃんが先回りして扉(not自動)を開けてくれた。

「すいません、ありがとうございます」って言った。
すると、おじちゃんがニコニコしながら一言。
「助けて貰ったんだから、何か返さないとねえno title
ささくれ立ってた心に優しさが染みて、涙腺が限界だった。

あのおじちゃんこそ、私をなごませるために現れた魔法使いとしか思えない。
おじちゃん、本当にありがとう。
また来てほしい



154: スペースNo.な-74[sage] 2009/08/09(日) 20:01:56
おっちゃんホンマはコピーくらいできたんやろなぁ。

165: スペースNo.な-74[sage] 2009/08/10(月) 20:08:57
>>153

うっかり地下鉄車内で崩壊した俺の涙腺をどうしてくれるんだ
いいなごみをありがとよ

引用元: ・あなたの心がなごむとき~第52章






このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年10月22日 22:49 ID:okusamakijyo