obaasan_cat
162: スペースNo.な-74[sage] 2009/08/10(月) 09:34:38
ある日、道端にて。
結構な御年であろうお婆さんが猫に話しかけてた。

「あら、こんにちは。お久し振りねえ」
「ニャー」
「相変わらず良いお毛皮」
「ニャー」
「お子さん達は自立したみたいね。ご立派だわあ」
「ウニャ」
「それじゃ、またいつでもいらしてね。私もひまだから」
「ニャッ」

まるで旧友にでも会ったようなお婆さんの口調と、
いちいち相槌うつ猫になごんだ。



163: スペースNo.な-74[sage] 2009/08/10(月) 11:31:26
>>162

老婦人モエスwこれ話が通じてるとしか思えないな
猫もきっと「手のかからない子供たちで助かりましたわー」とか言ってるよ
たまに犬猫と話せる(?)人を見かけると羨ましくてしょうがない

164: スペースNo.な-74[sage] 2009/08/10(月) 12:59:28
老婦人の言葉遣いに和んだ
婦人言葉をさらっとはなせるなんて、山手の奥様なのかなあ
自分も年齢がいったら、奇麗な言葉を話す年寄りになりたい

引用元: ・あなたの心がなごむとき~第52章








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年10月22日 09:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事