pose_nigawarai_woman
176: スペースNo.な-74[sage] 2009/08/12(水) 02:43:57
私の勤め先は、本社ビルに全部の部署が収まりきらなくなった。
現在、いくつかの部署が近くのビルに間借りしてて、飛び地状態に。
ちなみに、私がいる部署から本社まで歩いて10分ちょいくらい。

ある日、課長と先輩Aさんと私の3人で会議に出席することになった。
試作品とか持ち物が多かったから、社用車(ハイエース)で行くことに。
Aさんが運転して、課長が助手席、私が後ろに座って発進。

以下、車内の会話。

課長「Aくん、この車、大きいね。大丈夫?」
Aさん「大丈夫ですよ。これ、良く借りてますから」
課長「でも、この車大きいよ。怖いね。大丈夫?」
Aさん「大丈夫ですよ。慣れてますから」
課長「そう?僕ね、あんまり運転しないんだよね。Aくん運転大丈夫?」
Aさん「よく車乗りますから、大丈夫ですよ」
課長「それならいいけど。でもこの車、大きいよね」
Aさん「まぁ、普通よりは大きいですね。でも、そんな運転難しくないですし。大丈夫ですよ」

というやりとりが、本社に着くまで続いた。
本社に着いて駐車する時も

課長「ちょっとAくん!ここ狭いね?」
Aさん「いつも止めてるから、大丈夫ですよ」
課長「この車大きいよ?大丈夫!?」
Aさん「だから大丈夫ですからっ!!」

って、まだ続いてた。

ようは、運転に自信が無い課長が、勝手にヒヤヒヤしてただけなんだけど。
Aさんの「大丈夫ですよ」の繰り返しに、思わず下向いて吹いてしまった。
最後Aさんが「大丈夫だっつってんだろ!」的な声になってたのにもワロタ。

プレゼン前で緊張してたけど、なんか和んだ。



177: スペースNo.な-74[sage] 2009/08/12(水) 09:40:38
>>176

なぜか、信号わたってるよ~のわんこと
ご主人さまで脳内再生されて、わらたww

181: スペースNo.な-74[sage] 2009/08/12(水) 10:57:58
>>176

わんこ課長に激しく萌えたww
運転に自信がない人を助手席に乗せちゃいけない
見える分、自分が運転しているような錯覚を起こして
怖くなるんだ…(金免許紙運転手:経験者談)

引用元: ・あなたの心がなごむとき~第52章








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年10月22日 21:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事