ショック
806: 恋人は名無しさん[sage] 2012/03/04(日) 20:52:04.56 ID:xQ/Qb2FuO
新幹線に乗っていたら、通路を挟んだ隣の席に久しぶりに小学校の頃の友人Aがいた
向こうは彼女連れだったので、遠慮して声を掛けずにいたら
「お!○○さん(私の名前)久しぶり!元気?」
と声をかけられた
挨拶を返そうとそっちを見ると、A越しに私を見る彼女の目が刺すように怖い
「元気だよ~」
ととりあえず笑顔を見せると、Aは懐かしそうにあれこれ話し掛けてくる



次第に私も懐かしさであれこれ話していたが、Aが席を離れると彼女からの猛攻撃にあった
「ブスのくせにAくん取ろうとして」
「思い上がるな。あんたなんてAくんは優しいから声をかけて上げたんだ」
などなど
しまいには女の子とは思えない暴言に聞いてて頭を抱えてしまった
しかしAくんが戻ると彼女は途端に可愛くなり
「今、お友達にAくんのこと色々教えてもらってたの。ね?」
ね?と言いつつも目は笑ってない

到着駅に着くのがものすごく長く感じられた
Aくんたちはそのまま乗って行った
それから数年、Aくんの話を聞いていない
どうしているんだろ

807: 恋人は名無しさん[sage] 2012/03/04(日) 21:12:21.01 ID:5BuVCg5E0
オカ板に来たかと思ったw こえー

引用元: ・◇修羅場◇part118






このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年11月01日 19:19 ID:okusamakijyo