unhappy_woman4
321: 名無しさん@おーぷん 19/11/05(火)00:10:09 ID:2A.bc.L1
262さんの話、どこかのまとめに載ってたね。
もしかしたら、もしかしたらと思いつつ読み進めていったらビンゴな展開だったもんなー。
報告者さんは善意の子供でお父様は悪気なき自分勝手な方なのでしょう。
うちの親もそうでした、まだ生きてますけど。





子供の頃何もしてくれなかったから嫌いだったハズなのに、成人していっぱしになったら
なんだか親孝行がしたくなってはっちゃけて頼まれてもいないのに貢ぎましたよ、えぇ。
誕生日プレゼントは何がいいか聞いたとき「パチ屋のプリペイドカード1万円を数枚」
などという答えが返ってきた時に目が覚めればよかったのに・・・・

20代の小娘ができる親孝行なんて記念日ごとの贈り物くらいしかないけど少しずつ高価に
なりながら長年に渡って贈り続けたけど結局親は何も変わらなかったな。

自分がはっちゃけから冷めたのは、ある年のわたしの誕生日1ヶ月前。
珍しく父から電話が来て「お前の誕生日はいつだ?」と。
凄くドキッとしたよね。こんなことなかったし。
父から今までのお礼になにかサプライズプレゼントでもくれるのかと内心嬉しくて。
私も40代に入ってて、思い返せばはっちゃけて父に贈り物をし始めて20年経ってた。

で、誕生日が来て、何もなくて。次の日も、次の週も、次の月も何もなくて。
そして次の年のお正月になって、帰省した時に父に聞いた。
私の誕生日を聞いたあの電話はなんだったのか、自分から聞くのも恥ずかしかったけど思い切って聞いた。
「そういやいつだったかと思って聞いただけ」だとさ。なんとデリカシーのない!私の子供の頃からの気持ちを踏みにじって親思いで繊細な心を蹴り飛ばして、だいたい自分の子供の誕生日も忘れてるなんて、
それを臆面もなく40過ぎの子供に聞くなんて、私の寂しかったことも気づかないでこの男は・・・涙が止まらなくてバカバカしくて悲しくて可笑しくて・・私の長年のはっちゃけが解けた瞬間でしたね。

それからはパッタリと、電話1本してない虫ピン1本あげてないけど父から催促も連絡もなにもない。
父の神経ほんとわからん。

引用元: ・その神経がわからん!その53








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年11月08日 09:19 ID:okusamakijyo

おすすめ記事