osyaberi - コピー (2) - コピー
52: なごみ[sage] 2012/05/19(土) 23:39:07.39 ID:TpS3+omo0
先月、新聞を読んでいてイギリスの税金事情のコラムで思わず噴き出した

イギリスの消費税率は20%だけど、物によっては5%や0%になる
食べ物系はちょっと厄介で、ぜいたく品かどうかで20%の差がつく

例えば同じチョコレートつきのお菓子でも税率が大幅に違う
「ビスケット」は20%、「ケーキ」なら0%

以前、マクビティ社の「ジャファ・ケーキ」を巡り
議会や裁判所を巻き込む大論争になった

ジャファ・ケーキは、片面がチョコで覆われた丸いクッキー
真ん中に薄いオレンジ風味のゼリーが入っている

見かけは絶対ケーキじゃないけど、メーカーは

「日がたって軟らかくなるのはビスケット、硬くなればケーキ。
うちのは硬くなるから、れっきとしたケーキ。小さいだけ」

と主張し、見事税率ゼロを勝ち取った

また、人の形をしたクッキーのジンジャーブレッドは税率20%
でも例外があり、チョコの使用が2個の目玉だけならゼロ

イギリスでは、そんなことを大真面目に決めている



53: なごみ[sage] 2012/05/19(土) 23:59:03.03 ID:n1auEij30
そのネタ今は笑っていられるけど
日本でも笑えなくなる日が来るかもしれないよね…

54: なごみ[sage] 2012/05/20(日) 00:04:16.49 ID:IpotdCby0
>>52

細かいw
昔読んだ宇宙開発ネタの未来ものSFを思いだした

「多国籍団体が月に共同基地を作って滞在実験をした
実験終了後、帰還する順番で揉めた(みんな早く帰りたがった)
結局、英国が最後になることに決まった」

って話

英国が最後になった理由は
「帰還順が最後になれば、『地上にいなかった時期』が半年を超えるので
そのぶん税金を払わなくていいことに気がついたから」

税金問題は案外シャレにならんかもな

引用元: ・あなたの心がなごむとき~第67章








このまとめが気に入ったら
「フォロー」をよろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年12月01日 21:49 ID:okusamakijyo

おすすめ記事